engadget
アップルが突如発表した第2世代「iPhone SE」──。公式ページによると、取扱いキャリアは「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」のみで、「楽天モバイル」の記載がありません。


ドコモ・au・ソフトバンクからユーザーを奪うには、ライトユーザーを含め幅広い層から人気のiPhoneへの対応が必須とみられますが、第2世代「iPhone SE」では対応は果たされなかった可能性もあります。Engadgetでは現在、楽天モバイル側に取り扱いの有無について問い合わせています。

(更新 2020/4/16 13:15)楽天モバイル広報担当者は『特定のメーカーや端末に対してはコメントを差し控えさせていただいております』と述べ、明言を避けました。

4月8日に携帯キャリアサービスを本格始動させた楽天モバイルですが、現時点ではiPhoneには正式対応しておらず「動作保証外」と案内しています。なお、iPhone XS以降の機種でeSIMを設定すれば動作はするものの、一部でSMSが利用できないなどの不具合も報告されるなど、確実な動作は望めない状況となっています。

第2世代「iPhone SE」は4月17日に予約を受付、4月24日に発売予定。ドコモ・au・ソフトバンクも同じタイミングで発売するものと思われます。