手の動きでスマホ・タブレットを操作するコントローラー「Wave(ウェーブ)」

料理中や車の運転中に重宝します

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年04月16日, 午前 07:00 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
wave運転中や料理中などスマホに触れられない状況では、もし着信があっても対応できませんよね。そんなケースで役立つのが、現在クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で支援を募集しているジェスチャーコントローラー「Wave」です。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

「Wave」はジェスチャーセンサーを搭載したスマートコントローラーです。このセンサーの前で手を振ったり、指先をくるくると回転させたりすることで、Bluetoothで接続したスマホやタブレットを操作できます。例えば、電話着信に応答、再生中の音楽のボリュームを上げ下げするといったことが、スマホに触れることなくできます。

wave

本製品が特に役立つのは運転中です。昨今増えている「ながら運転」による事故は、スマートフォンだけでなく、カーナビといった車載機器の使用が原因のものも増えています。操作のために視線を機器の方向に向けることで注意がそれ、それが事故につながってしまうのです。

しかし、「Wave」はセンサーに向けて手を動かすだけなので、視線を動かさずに直感的に操作可能。取り付けも専用のスタンドやエアコンの吹き出し口用のクリップで取り付けるだけと手軽なので、すぐに利用できるのも魅力です。

wave

wave

円盤型の「Wave-1s」と、スマホ用ホルダーと一体になった「Wave-11」の2種類のタイプがあり、前者は家庭内でも使用しやすい汎用タイプ、後者は車内での使用に特化したタイプといえます。購入の際は、自分が使うシチュエーションを想定して選ぶといいでしょう。

wave

現在、個数限定の割引価格として、「Wave-1s」「Wave-11」共に3500円で購入(支援)可能です。海外の自動車メーカーの中には、すでにこのハンドジェスチャー操作をスタンダード機能として取り入れている企業もあり、今後手を使わない操作が当たり前の時代が来るかもしれません。その前に、この近未来の技術を体感してみるのもいいですね。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: car, Gadgets, GREEN FUNDING, greengadget, smartcontrol, smartphone, Wave
0シェア
FacebookTwitter