todayDynaBookでノートPCというジャンルを作った東芝が、A4サイズの約1/3という超小型ノートPCとして投入したのが「Libretto 20」。

このミニノートPCが発売されたのが、1996年の今日です。前例のないコンパクトなサイズ、そしてわずか840gという軽さで注目を集めました。スペックは、6.1インチのカラーTFT液晶(640×480ドット)、i486互換のAm5x86(75MHz)、8MB メモリー、270MB HDDといったもので、Windows95が動作することに驚いたものです。

today

当時はノートPCの機能拡張用としてPCカードスロットを装備するというのが一般的でしたが、これだけ小さなLibrettoでも、Type IIスロットを1つ装備していたというのがスゴイところ。

ちなみに液晶の右側にある丸いポッチは、ポインター操作用の「リブポイント」。この裏の天板側にクリック用のボタンが装備されていました。

4月17日のおもなできごと

1996年、東芝が「Libretto 20」を発売
2010年、東芝がSDXCメモリーカード「THNSU064GAA2BC」を発売
2011年、京セラが2画面スマホ「Echo」を米国で発売
2015年、キヤノンが「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」を発売