充電最速な高級5Gスマホ、Ace 2をOPPOが中国発表。無線40W、有線は60Wに

もはや有線いらず

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年04月16日, 午後 05:30 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter
OPPO Reno Ace 2
中国OPPOが、新型5Gスマートフォン「Ace 2」を中国市場向けに発表しました。ワイヤレスでもワイヤードでもトップクラスの充電速度を誇るフラッグシップ端末です。
本体カラーはグレー/シルバー/パープルの3色で、価格は3999元(約6万1000円)から。中国ではすでに予約が開始されており、4月20日に販売が始まります。

Ace 2は40Wの高速ワイヤレス充電機能「AirVOOC」に対応。4000mAhの内蔵バッテリーを、ワイヤレスでも56分で満充電できます。この点においては、30Wのワイヤレス充電が可能な中国シャオミの「Mi 10 Pro」や、27Wでのワイヤレス充電が可能な中国ファーウェイの「P40 Pro+」と比べても、際立って高いスペックを実現しています。40Wワイヤレス充電を実現するため、冷却ファンを搭載したワイヤレス充電マットがオプションとして登場します。249元(約3800円)のこの充電マットは、充電時に端末の熱を積極的に下げることができ、また静粛性もアピールしています。

さらに有線充電では、65Wの「SuperVOOC 2.0」に対応し、わずか30分でバッテリーを満充電できるなど、充電機能に手抜かりはありません。

OPPO Reno Ace 2

さらに基本スペックもフラッグシップ級にふさわしいもので、画面は6.5インチ/FHD+解像度の有機ELディスプレイにプロセッサはSnapdragon 865、RAMは8GB/12GBで内蔵ストレージは128GB/256GB。

背面カメラは4800万画素メイン+800万画素超広角+200万画素+200万画素で、後半の2カメラはビンテージポートレートや漏光など、特殊な撮影効果に利用されます。パンチホール内の前面カメラは1600万画素です。

また、ディスプレイのリフレッシュレートは90Hz駆動(タッチサンプリングレートは180Hz)が可能で、HDR10+にも対応。ステレオスピーカーはDolby Atmosに対応していますが、イヤホンジャックは搭載されていません。

プロセッサや画面リフレッシュレートといった目立つスペックではなく(それらも高いのですが)、ワイヤレス/有線双方での充電速度という実用的な機能をアピールする本端末は、現代のスマホ市場において興味深い存在といえそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5g, android, oppo, oppo ace2, oppoace2, smartphone, smartphones
0シェア
FacebookTwitter