ソニー、PS5の初年度出荷はPS4以下の見込み。製造は問題なし(Bloomberg)

モノ売るってレベルは維持

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年04月16日, 午後 06:00 in playstation
0シェア
FacebookTwitter
2020
世界的な大混乱の影響が気になる次世代ゲーム機の話題。

Bloomberg望月記者の「匿名の関係者によれば」報道では、プレイステーション5は競合のXbox Series Xが延期しない限り予定どおり年内に発売する方針であるものの、初年度の生産数はPS4よりも少ない500万台~600万台になる見込みとのこと。

パンデミックにより製造能力が影響を受けたわけではなく、部材の高さから価格も高く設定せざるを得ず、当初の需要が限定的になるとの予測によるもの、とされています。

ソニーが3月に公表したハードウェア仕様とアーキテクチャ解説によれば、プレイステーション5は高速な16GB GDDR6 RAMと、PS4比で100倍以上高速という825GBのSSDを内蔵します。

単にロード時間が短くなるだけでなく、従来は転送速度によって制約されていたマップデザインやゲームデザインまで変え全く新しい世代のゲームを実現するとうたう高性能ですが、それだけに製造コストは高く、同じ商戦期に似た構成で登場するXboxとの競合もあり、価格設定は難しい問題です。

PS5のGPUは最大10.3TFLOPS、SSDは超高速+市販品で拡張可。詳細スペック判明

Bloombergが伝える関係者の発言では、PS5の製造計画は「年度内(2021年3月末)までに500万から600万台」「新型コロナウイルス感染症の流行状況によってはまだ変更の可能性あり」。一方、「プレイステーション史上最速」で売れたPS4は、発売翌年の2014年4月6日時点で世界累計実売(セルスルー)700万台。発売9か月で1000万台など。

プレイステーション4、発売9か月で世界実売1000万台を達成。PS史上最速

なおPS3の場合、初年度の生産数は目標600万のところ550万台着地、実際の出荷(セルイン)は360万台。

プレイステーション3、生産出荷550万台。出荷は360万台 (2007年)

「PS5は初年度の台数が少ないらしい」とだけ聞けば年末に買えるのか不安になりますが、生産台数(見込み)にそこまで大きな差はありません。理由もPS3のような部材調達トラブルではなく、価格と需要予測によるものとされていることから、初回出荷10万台を奪い合う地獄再現にはならず、いわゆるモノを売るっていうレベルは維持されそうです。

Bloomberg記事はそのほか、アナリストによるPS5とXbox Series Xの価格予測 (逆ザヤで450ドルの可能性)、渡航制限でソニーのエンジニアが中国の工場を監督できなくて困った、発売日はXboxが仲良く遅らせないかぎり年内のままっぽい、製造はともかく発売に向けたPS5のプロモーション計画に大きな影響、等々。詳しくはリンク先へ。

Sony Is Said to Limit PlayStation 5 Output in Its First Year - Bloomberg

Sony Is Struggling With PlayStation 5 Price Due to Costly Parts - Bloomberg


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: playstation, playstation 5, playstation5, ps3, ps4, ps5, sie, sony
0シェア
FacebookTwitter