SpaceX初の有人宇宙飛行、5月27日に打ち上げ。クルーはそのままISSに2~3か月滞在

帰還すればISSへの民間定期便が始まります

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年04月18日, 午後 02:50 in Space
0シェア
FacebookTwitter
NASA

SpaceXの宇宙船による初のNASA飛行士搭乗ミッションが、5月27日に決まりました。これはDemo-2ミッションと呼ばれるSpaceX初の有人試験飛行で、成功すればその次には野口聡一飛行士らを乗せたISSへの初の商業人員輸送ミッションが控えています。NASA長官のジム・ブライデンスティーン氏はTwitterで「5月27日、NASAは再び米国のロケットで米国人飛行士を米国の大地から送り出す」と高らかに宣言しました。

今回の打ち上げは、SpaceX Crew Dragon宇宙船の最終試験となる、Demo-2と呼ばれる有人飛行ミッション。NASAのRobert BehnkenおよびDouglas Hurley、2名の宇宙飛行士が搭乗して、フロリダ州のケネディ宇宙センターからISSへと向かい、軌道上で2~3か月滞在したのち地上へと帰還します。

米国では2011年にNASAのスペースシャトルが退役し、以来自国で飛行士を宇宙へ送り込む手段を保有していませんでした。それだけに、今回の打ち上げはNASAそして米国にとってまさに待望のときが訪れることになるでしょう。

また、このミッションはイーロン・マスクCEO率いるSpaceXにとっても重要なものとなります。これまで無人のDragon輸送船ではISSへのドッキングを果たしてきたものの、有人のミッションはこれが初めてのこととなり、再生可能なロケットによる有人飛行というマスク氏の掲げたコンセプトにとって重要なマイルストーンになります。

Crew Dragonの初回商業飛行搭乗者にはJAXAの野口聡一飛行士が含まれるのでは?と思った人は決して間違いではありません。正式な飛行士輸送ミッションはこのDemo-2試験飛行が成功してNASAの承認が下りれば、SpaceXによるISSへの人員輸送定期便として、その第一便がDemo-2クルー帰還から約1か月後に出発する見通しです。

米国だけでなく世界中が新型コロナウイルス感染症のパンデミックに襲われているさなかであり、週ごとに状況が大きく変わる状況ではあるものの、もとからNASAでは宇宙へ向かう飛行士は厳重な感染隔離策がとられています。現状に関しても、NASA長官は「感染管理に関するCDCの推奨事項を厳守」していると述べ、さらに「いまや、私たちはさらに予防策を講じている」としました。

ちなみに、ISS行きの民間定期便はSpaceXだけでなく、CST-100 Starliner宇宙船を開発するボーイングもNASAから受注しています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: crew dragon, crewed, date, launch, nasa, news, Space, spacecraft, spaceflight, spacex, tomorrow
0シェア
FacebookTwitter