Netflix、教育向けドキュメンタリー作品の一部をYouTubeで無料公開

日本語字幕付き

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年04月20日, 午後 12:59 in Servies
0シェア
FacebookTwitter
Netflix
米Netflixが、教育向けドキュメンタリーコンテンツ10シリーズ(全34作品)をYouTubeで無料公開しました。

Netflixはもともと、教育的なドキュメンタリー作品の一部について、教室など教育を目的とした場での上映を認めていました。しかし、学校が休校になり、自宅学習が続いているため、教室での上映が不可能に。このため、ドキュメンタリーシリーズの一部をYouTubeで無料視聴を行えるようにしたわけです。あわせて、コンテンツの説明やディスカッションのポイント、Q&Aなどを記載した教育向け資料も用意されています。

公開されているのは、以下の10作品(シリーズ含む。括弧内は日本のNetflixでのタイトル)。
  • 13th(13th 憲法修正第13条)
  • Abstract(アート・オブ・デザイン)
  • Babies(赤ちゃんを科学する)
  • Chasing Coral(チェイシング・コーラル ―消えゆく珊瑚礁―)
  • Explained(世界の今をダイジェスト)
  • Knock Down the House(レボリューション ―米国議会に挑んだ女性たち―)
  • Our Planet(OUR PLANET 私たちの地球)
  • Period. End of Sentence.(ピリオド ―羽ばたく女性たち―)
  • The White Helmets(ホワイト・ヘルメット ―シリアの民間防衛隊―)
  • Zion(ザイオン)
YouTubeで公開されている動画はすべて英語音声ですが、日本語字幕にも対応しています。なお、各動画は、Netflix上では日本語音声でも視聴可能です。ただ残念ながら、教育向け資料については、英語のみでの提供となっています。

自宅学習が長引く中、こういったコンテンツが充実していくのは歓迎したいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: covid-19, documentaries, educational, educators, entertainment, home, netflix, series, Servies, shorts, streaming, students, teachers, youtube
0シェア
FacebookTwitter