シャープ製マスク、個人向け21日発売 50枚入り2980円

毎日午前10時に在庫を補充

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月20日, 午後 01:41 in COVID-19
0シェア
FacebookTwitter
engadget
シャープは、三重県多気町の自社工場で生産した「不織布マスク」の個人向け販売を明日4月21日午前10時に開始します。価格は50枚入り2980円(税・送料別)、送料は全国一律660円です。

販売は、21日午前10時に公開する「シャープ製マスク販売サイト」で実施します。5月10日までは毎日午前10時頃に在庫を補充し、売り切れると翌日まで在庫の補充はありません。また、買い占め防止のため購入日を含め3日間は再購入できません。

支払いは「クレジットカード」のみ。送料は660円で、佐川急便で届けます。注文確定後、通常は2〜7日での配達となります。また、土日祝日は出荷を行わないほか、海外発送にも対応しません。

同マスクは立体三重構造で、花粉よりも小さい生体やウイルス・微粒子もガード可能。風邪などの際にも他の人への感染を予防します。VFE検査やPFE試験でも99%以上のカットを確認しているとのこと。また、PM2.5や花粉対策としても利用できます。

製造には三重県多気工場の液晶ディスプレイ生産設備を活用。クリーンルームの空きスペースで生産しており、既存の液晶ディスプレイへの製造面での影響もありません。

マスクの詳細は下記のとおりです。
engadget

これに先立つ3月31日、シャープは政府調達向けに自社製マスクの出荷を開始しています。今回、これを個人向けに拡大した格好です。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: coronavirus, COVID-19, sharp
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents