46万円の本革高級スマホが登場、5G対応で1億画素の写真も撮れる:山根博士のスマホよもやま話

中国の富裕層向けなプレミアムスマホ

山根博士 (Yasuhiro Yamane)
山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2020年04月20日, 午後 04:30 in 5g
0シェア
FacebookTwitter
8848M64万4800円という激安価格の「iPhone SE」の登場が大きな話題となっていますが、中国では45万7000円、つまりiPhone SEの10倍の価格のスマートフォンが登場しました。

高級スマートフォンを手掛けるブランド「8848」から登場する「M6」は、5Gに対応し背面にサブディスプレイを備えた高性能かつプレミアムな製品です。

8848M6

8848は一貫して高級モデルを出しており、ターゲットユーザーは富裕層。中国のみに展開されていますが、世界の富裕層の10%がいるという中国だけに、この路線でも十分ビジネスとしてやっていけるのでしょう。ちなみに一度破綻したプレミアム端末を手掛けるVERTUも中国で復活しています。

さてM6のスペックはSoCがSnapdragon 865、メモリは8GBまたは12GB、ストレージは256GB、512GB、1TBと、他社のスマートフォンと比べてもそん色ありません。そして1TBのストレージは驚異的です。

ディスプレイは6.01インチ、背面には通知などを表示するため腕時計を張り付けたかのようなデザインの1.19インチサブディスプレイが埋め込まれています。バッテリーは4380mAhと十分な大きさ。カメラは6400万画素を含む3つを搭載(残り2つの画素数は不明)、合成により1億画素の画像を得られるとのこと。

8848M6

製品は本体の革仕上げ別に11種類者バリエーションが用意されています。モデルによりストレージの容量は異なりますが、本体の価格の大半を占めているのは仕上げとデザインです。

そして価格は最低モデルでも日本円で20万円以上と、一般消費者は全く相手にしていない値段設定となっています。M6を買う人は、スマートフォンではなく「本革の日用品」を買う感覚で製品を選ぶのでしょう。

なお、本体にはチタン合金がふんだんに使われ、側面の電源ボタンなどには人造ルビーがあしらわれています。さらに上位モデルのカメラ周りには宝石状のサファイアガラスも埋め込まれています。

8848M6

11種類もあるモデルは牛革、トカゲ革、ワニ革と仕上げは3種類。またメモリ構成は4種類で以下のように分けられます。

・牛革モデル(ライチ模様)8/256GB:12999元(約20万円)
Lychee Veins Black Calfskin Leather:8/256GB

・牛革モデル 8/512GB:16999元(約26万円)
Plain Black Calfskin Leather:8/512GB

・牛革モデル 12/512GB:19999元(約30万円)
Danxia Red Calfskin Leather / Tibetan Brown Calfskin Leather / Midnight Blue Calfskin Leather

・トカゲ革モデル 12GB/1TB:23999元(約37万円)
Nightfall Black Liz Leather / Gesang Red Liz Leather / Sky Blue Liz Leather

・ワニ革モデル 12GB/1TB:29999元(約46万円)
Shale Brown Croc Leather / Deep Space Blue Croc Leather / Shadow Black Croc Leather

8848M6

M6は1台1台手作業で仕上げられているということで、この辺もVERTUと同じ思想で作られています。筆者は前のモデル「M5」を触ったことがありますが、確かに本革の質感は他の素材では全く得られないほど肌触りがよく、高級品を持っている感覚を十分に得られます。

一般人が手を出すには高価すぎますが、いつかは1台持ってみたいと思わせる「本気の仕上げ」に感服します。

8848M6

ファーウェイの「Mate 30 Pro 5G」やOPPOから登場予定の「Find X2 Pro」は、背面にオレンジ色のビーガンレザーのモデルがあり、ケースを付けずにそのまま見せたくなるような外観をしています。

しかし、8848のM6の本革は、もはやケースというものを装着するという考えが思い浮かばないほど、その質感を常に手のひらで感じ、持ち歩くときは人に見せたくなってしまいそうです。

このスペックなら2〜3年は使い続けられるでしょうから、高級品を求める人にとっては高い買い物にはならないかもしれません。中国以外の展開はおそらくないでしょうが、M6の実物をぜひ一度触ってみたいものです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 5g, 8848, M6, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents