iPad Pro用Magic Keyboard実機インプレ Smart Keyboard Folioと比較

トラックパッドが付いただけではありません

矢崎飛鳥
矢崎飛鳥, @ACCN
2020年04月20日, 午後 10:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
2020年3月、新型iPad Pro同時に発表されたApple純正トラックパッド搭載キーボードカバー「Magic Keyboard」がついに発売されました。

Magic Keyboardの特徴を実機でチェック


トラックパッド搭載
シザー式 新キーボード
キーボードバックライト
フローティングデザイン
USB-Cパススルー充電端子Magic Keyboardは11インチ用、12.9インチ用があり、それぞれ3万1800円、3万7800円(税別)となっています。2018年発売のiPad Proにも対応します。

御存知の通り、iPad Proにはトラックパッドを搭載しない従来と同じタイプの「Smart Keyboard Folio」も用意されており、こちらは11インチ用が1万8800円、12.9インチ用2万800円(税別)ですのでiPad Pro本体と一緒に買うとなると、Magic Keyboardはかなり高額なオプションとなります。

Engadget


Magic Keyboard vs. Smart Keyboard Folio

個人的な印象としては、テレワークでiPad Proを存分に活用したい方は、ぜひ新しいMagic Keyboardを使ってみていただきたいと思います。トラックパッドと画面タッチをシーンによってサッと使い分けられる快適さはMacを超えているといっても過言ではありません。装着時、ずっしり重たいのとSmart Keyboard Folioのようにサクッと開ける感じがない(すこし固い)ので、取り回しの手軽さという点ではSmart Keybord Folioのほうが上ですが、それを補って余るほどキーボード入力が快適です。人類がウイルスの驚異から開放され、デジガジェモバイルの日々が戻ったら、プレミアムなMagic Keyboardと、より軽いSmart Keyboard Folioの両方をそろえ、室内とお出かけ時で使い分けるのもアリかなと思います。

ライター陣による、より使い込んだレビューも掲載してまいりますので、引き続きApple情報はEngadget 日本版を、どうぞよろしくお願いしますね。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, applenews, ipad, iPad pro, IpadPro, IpadPro2020, magic keyboard, tablet
0シェア
FacebookTwitter