完全ワイヤレスイヤホンのSurface EarbudsがFCC登録。発売間もなくか

ちょっと忘れてました

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年04月20日, 午後 06:15 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter
Surface Earbuds

マイクロソフトのワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」がFCC(連邦通信委員会)に登録されていることが、海外報道により確認されました。

Surface Earbudsは昨年10月に発表された、イヤホン同士が分離したいわゆる「完全ワイヤレスイヤホン」。その特徴はMicrosoft 365(発表当時はOffice 365)に対応していることで、例えばPowerPointでのスライド操作を音声で行うこともできます。

そして今回のFCCへの登録は、今年1月にマイクロソフトより登録されたものが認可され、公開された形です。このような公的機関による認可情報はさまざまあるものの、通例だとFCCへの登録の公開は、製品の発売が近いことを示唆しています。

もともとSurface Earbudsは昨年ホリデーシーズン(年末)の発売を予定していたものの、後に発売が今年春へと延期されています。なお、日本でのSurface Earbudsの発売時期は2020年初頭が予定されていましたが、こちらについての新しい情報はありません。

ワイヤレスイヤホン分野ではテック企業が次々と新製品を投入しており、発表から発売まで間が空いたSurface Earbudsは、いささかインパクト不足な印象も。それでも、Officeとの連携という独自機能がどれだけプロダクティビティの向上に貢献するのか、見ものです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: microsoft, surface, wireless earphones
0シェア
FacebookTwitter