エポスクレカの「エヴァンゲリオン」コラボ、28日から発行。Apple Pay にも対応

店舗で入会すると2000円相当の優待クーポンを即時利用可能

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年04月21日, 午後 05:15 in payment
0シェア
FacebookTwitter
epos evangelion

丸井グループは4月28日より、アニメ作品「エヴァンゲリオン」の絵柄をプリントした「エヴァンゲリオン エポスカード」を発行します。クレジットカードとプリペイドカードで各3種類の絵柄を用意。

エヴァンゲリオン エポスカードは、年会費が永年無料のクレジットカード。エポスカードの所有者がエヴァンゲリオン エポスカードに切り替える場合はデザイン切替料として1000円、プリペイドカードの場合は、発行料として税込500円が必要です。

クレジットカードのデザインは「渚カヲル」「初号機」「集合体」の3種。プリペイドカードは「綾波レイ」「ロンギヌスの槍」「モチーフカラー」の3種を用意します。

提携ブランドはVISAで、カードの申込受付はマルイ・モディ店舗、エポスカードホームページで行います。

新規入会特典の内容は、店舗とホームページで異なります。店舗で入会申し込みをした場合は、2000円相当のクーポンを進呈、ホームページの場合は、通販での買い物を1か月間10%割引きます。

これに加えて、公式通販サイト「エヴァンゲリオンストア」での買い物が1000円引きになる初回限定の特典を用意します。

また、カードの発行後、Appleの決済機能「Apple Pay」に追加して利用することが可能。対応店舗での会計時に専用端末へiPhoneをかざすだけで決済できます。ただし、プリペイドカードは非対応です。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple pay, Applewatch, card, cashless, credit card, EPOS, iphone, payment, store
0シェア
FacebookTwitter