プレミアリーグの選手たちが「FIFA 20」で戦う「ePremier League Invitational」が開幕

サッカー好き有名人も参戦

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年04月21日, 午後 04:45 in esports
0シェア
FacebookTwitter
DeFodi Images via Getty Imagesイングランドのサッカーリーグ「プレミアリーグ」に所属する20チームの代表(一部チームは有名人のファンが出場)が、サッカーゲーム「FIFA 20」で戦うeスポーツイベント「ePremier League Invitational」が、本日4月21日に開幕します。

プレミアリーグの2019-2020シーズンは2019年8月に開幕しましたが、新型コロナウイルスの影響で現在は試合が中断されています。そのため、サッカーファンに向けて各チームがサッカーゲームを用いた「バーチャル試合」を行い、その模様を配信していましたが、今回リーグに参加する20チームの代表選手が競う「バーチャルプレミアリーグ」が実現しました。

参加するのはラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)やムサ・シソコ(トットナム)など各チームに所属する選手や、アーティストのトム・グレナンといったサッカー好きの有名人らの計20人。自宅から参戦するため、有名選手がリラックスしながらゲームを楽しむ模様が見られるのも魅力です。

開催期間は4月21日~25日の5日間で、21~23日はトーナメント1回戦、2回戦が行われ、24日に準々決勝、25日に準決勝と決勝戦が実施されます。試合時間は、準々決勝までは現地時間12時~16時(日本時間20時~24時)。準決勝と決勝は現地時間15時(日本時間23時)からスタート。プレミアリーグの公式HPやTwitter、YouTubeのほか、DAZNでも配信されます。

今回のイベントで得た収益は、プレミアリーグの選手らによって立ち上げられた、新型コロナ対策を行う医療機関への支援基金に寄付されます。

プレミアリーグ以外では、スペインのラ・リーガやドイツのブンデス・リーガが「FIFA 20」を用いたバーチャルサッカーイベントを先んじて開催し、成功を収めています。また、サッカー以外のスポーツでは、F1やMotoGPなどで選手同士がゲームで競うイベントが開催され、ファンを楽しませています。いずれも成功しているだけに、今後は他のスポーツでもゲームを用いたバーチャル試合が増えるかもしれませんね。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: coronavirus, COVID-19, esports, FIFA 20, football, Premier League, soccer, sports
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents