kuarmungadd via Getty Images2020年4月20日(現地時間)、マイクロソフトは、新型コロナウイルス感染症から回復した人に対し、「血漿の提供が可能かどうか」を判断するチャットボット「CoVIg-19 Plasma Bot」を開発しました。

病気から回復した人の血漿には、ウイルスや細菌に対抗するための免疫抗体が含まれており、血漿から作った治療薬を患者に投与することで免疫力が高められ、病気からの回復を促すことが可能です。そのため、新型コロナウイルスに対しても回復者の血漿が有効かどうかの研究が世界各国で進められています。

研究のためには多くの血漿が必要なため、アメリカでは「CoVIg-19 Plasma Alliance」という、新型コロナウイルスからの回復者に血漿の提供を求める活動が行われています(ビル&メリンダ・ゲイツ財団も支援)。しかし、医師から完全に回復したと認められた上で、血漿の提供条件をすべてクリアした人からでないと血漿を提供してもらうことはできず、その確認作業がネックとなっています。

そこで、マイクロソフトは血漿が提供可能かどうかの確認作業を手助けするために、チャットボット「CoVIg-19 Plasma Bot」を開発しました。利用者には血漿提供に適しているかを判断する幾つかの質問が投げかけられ、条件をクリアしている場合に最寄の専門機関が紹介されます。

あくまで血漿の提供に適しているのかを調べるための簡易スクリーニングツールではありますが、専門機関を訪れなくてもオンラインで手軽に判断してくれるのが利点です。血漿の提供は複雑なプロセスを経る必要があるものの、今回の取り組みによって血漿の提供者が増えれば、新型コロナウイルスの治療薬の開発や治療方法の早期確立にも役立つかもしれません。