セブン銀行、スマホから最短10分で口座開設可能に。eKYC導入で

物理キャッシュカードも不要

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月22日, 午後 05:30 in fintech
0シェア
FacebookTwitter
engadget
セブン銀行は、預金口座を最短10分で開設できるスマホアプリ「Myセブン銀行」の提供を開始しました。

同アプリでは、郵送不要で、スマートフォン上の操作で本人確認を完了できる「eKYC」を活用。スマートフォンのカメラで自分の顔と運転免許証を撮影し、送信することで、顔を照合して本人確認を行います。加えて、口座開設事務をRPA化することで、受付開始から最短10分での口座開設を実現しています。

キャッシュカードに関しても、ATMに表示されたQRコードをスマホで読み取って入出金を行える「スマホATM」に対応。これを利用することで、物理キャッシュカードの到着を待たずにATMを即時利用できます。

eKYCを活用した口座開設サービスは、各ネット銀行のほか、メガバンクでは三井住友銀行なども提供しています。

eKYC自体は2018年11月30日に施行された、犯罪収益移転防止法施行規則にもとづき可能となった仕組みです。郵送など煩雑な手続き不要で、オンラインのみで本人確認を済ませられるため、『スマホで完結する金融サービス』の構築に不可欠なものとして、導入が相次いでいます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: fintech, payment
0シェア
FacebookTwitter