そろそろ2020年も終盤戦。今年もたくさんのガジェットが発表され、弊誌にてレビュー記事が掲載されました。そんな記事のなかでも、著者や編集部がイチオシと考える製品をピックアップしてもう一度お届け致します。

これは2020年4月4日に掲載された記事の再掲載です。記事中に登場する価格や機能、画像などは当時のもので、現在は異なる可能性があります。

Engadget

Appleが4月16日に発表した第2世代 iPhone SEの実機に、ひと足早く触れることができましたので、動画でインプレッションをお届けします。

Apple iPhone SE SIMフリー 旧モデル(Amazonでチェック)

iPhone SE第2世代の発売日はSIMフリー版が4月24日、キャリア版が5月11日となっております。

Engadget

▲試したのはiPhone SE ホワイト

Engadget

▲パッケージ裏。インド製造などの噂もありましたが、中国と記載されています

Engadget

▲同梱品。ケーブルはUSB-Cではありませんでした

Engadget

▲背面と側面とでアルミの色が異なります

Apple iPhone SE SIMフリー 旧モデル(Amazonでチェック)

Engadget

▲iPhone 8(右)と比較。ホワイトモデルも前面のベゼル部分がブラックになりました

Engadget

▲iPhone 8(右)と比較し、白味が異なっているのがわかります。ロゴは中央に、11シリーズ同様iPhoneの記載がなくなっています

Engadget

▲メインカメラはシングル。ハードとしての性能はiPhone 8から変わっていませんが、A13 Bionicの恩恵で撮影機能が大幅に向上しています

Engadget

▲フロント・メインカメラとも人物のポートレート撮影に対応しました

Engadget

▲とても自然な感じで撮れます

Engadget

▲ポートレートは人物のみ対応なので、モノには反応しません

Engadget

▲とはいえ、かなり寄れますし、背景も自然にボケてとてもいい感じの写真が撮れます

Engadget

▲上段がiPhone SE(2020)、下段がiPhone 11 Proで撮影したお料理。色味に若干違いありますが、ほとんど同じレベルです。画面が液晶なので(11 Proは有機EL)、端末上での見栄えはもっと異なります

Engadget

▲SEシリーズの新壁紙(オマケ)

Apple iPhone SE SIMフリー 旧モデル(Amazonでチェック)

関連記事:
iPhone SE 第2世代 Appleが正式発表 A13 Bionic搭載で4.5万円から