バッファローがWiFi 6ルーターを一気に拡充。夏発売の3製品を予告

特設ページ「Start! Wi-Fi 6」も開設

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年04月23日, 午後 01:13 in buffalo
0シェア
FacebookTwitter
wifi6 buffalo
バッファローは4月23日、「WiFi 6(IEEE 802.11ax)」に対応するWiFiルーター3モデルについて、今夏の発売を予告しました。なお、それぞれの製品の外観はシルエットという形で公開しています。

WiFi 6は、ノートPCやスマートフォンで採用が進んでいる無線LAN規格。従来規格の11nや11acと比べて、規格上の最大通信速度が9.6Gbps、実効スループットが1Gbps以上と、有線LANに見劣りしない速度を誇る点が最大の特徴です。
他にも複数の機器が1つのチャンネル幅を分け合って利用することで、高速化や低遅延接続が可能な規格「OFDMA」や、省エネ性の向上が図られている点などもメリットです。

バッファローのWiFi 6対応製品はフラッグシップモデルの「WXR-5950AX12」をすでに発売していますが、今回の3モデルは同機の下に位置するもの。ハイエンドからエントリーモデルを取り揃えることで、WiFi 6対応製品の選択肢を増やす狙いです。

WXR-5700AX7S

Buffalo WiFi6 Router

今回発表された中では最上位モデルとなります。他の2モデルと異なるのは、WAN(上り)側に10Gbit Ethernetポートを搭載していることです。加えて、4本のアンテナは5GHz帯のシングルバンドと2.4GHz帯のデュアルバンドに分かれており、それぞれの向きを自由に変えられることで感度が向上するとしています。

無線LAN(WiFi)の最大通信速度は、5GHz帯接続時が4ストリームの4803Mbps、2.4GHz帯接続時が3ストリームの860Mbps。有線LANはWAN側に最大10Gbpsのポートを1基、LAN側に最大1Gbpsのポートを4基備えます。

WSR-5400AX6

Buffalo WiFi6 Router

こちらはプレミアムモデルという位置づけの製品。無線LAN(WiFi)の最大通信速度は、5GHz帯接続時が4ストリームの4803Mbps、2.4GHz帯接続時が2ストリームの573Mbps。有線LANは、WAN側に最大1Gbpsのポートを1基、最大1GbpsのLANポートを4基備えます。

WSR-1800AX4

Buffalo WiFi6 Router

こちらはエントリーモデルという位置づけで、無線LAN(WiFi)の最大通信速度は、5GHz帯接続時が2ストリームの1201Mbps、2.4GHz帯接続時が2ストリームの573Mbps。有線LANは、WAN側が最大1Gbpsのポートを1基、LAN側が最大1Gbpsのポートを4基備えます。


Buffalo WiFi6 Router

既発売の「WXR-5950AX12」を含めた4機種の基本的な仕様は、上表のとおりです。なお、これ以外の特徴や仕様、価格などについては、4月23日時点で未定とのこと。

バッファローは、この他にもWiFi 6のメリットなどを紹介する特設ページ「Start! Wi-Fi 6」を開設しています。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: buffalo, router, wifi, wifi router, WiFi6, WifiAlliance, WifiRouter
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents