Galaxy Fold 2(仮)は120Hz画面に、サブ画面も格段に大きく? カメラはパンチホール化

完成度が大きく高まりそうです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年04月23日, 午後 07:00 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Fold 2
韓国サムスンの次期折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold 2(仮)」について、デザイン変更を含む詳細な噂情報が登場しています。

Display Supply Chain Consultantsの創業者かつCEOを務めるRoss Young(ロス・ヤング)氏が報告した、今回の情報。まず内部のメインディスプレイは7.59インチと大型化し(現行Galaxy Foldは7.3インチ)、解像度は2213 x 1689ドットで画素密度は372ppiと、すべての面で強化されると伝えています。
また技術的にも、LPTOバックライトや超薄型カバーガラスといったキーデバイスが新たに採用されるようです。

そして何よりも注目なのは、メインディスプレイのリフレッシュレートが120Hzにまで高められることでしょう。これが正しければ、折りたたみスマートフォンでもGalaxy S20シリーズのようなプレミアムスマートフォンと肩を並べるスペックが実現することになります。また初代モデルの大きなカメラ用の切り欠きは廃止され、パンチホールが採用されるようです。

さらに外部ディスプレイも大きく強化されます。面積は6.23インチ(Galaxy Foldは4.6インチ)と、通常のスマートフォントのメインディスプレイと同等のサイズまで大型化。これにより、視認性や使い勝手が大幅に向上することが予測されます。
また、ディスプレイ解像度は2267 x 819ドットとかなり縦長で、こちらにもパンチホールデザインが採用されるようです。

そして上の画像は、著名リークアカウントのBen Geskinが上記の情報をもとに投稿した、Galaxy Fold 2の予測図面です。小ぶりな外部ディスプレイや大きなカメラの切り欠きが存在した初代モデルにと比べて、かなり洗練された見た目に進化していることがわかります。

Galaxy Fold 2に関しては、以前にもSペンの採用が噂として報じられたことがありました。また、ストレージ容量を256GBまで削減することで、本体価格が引き下げられるという情報も報じられています。今後はさまざまなメーカーから折りたたみスマートフォンが登場するでしょうが、サムスンは自社製品の完成度をさらに高めて、後続の引き離しにかかろうとしているようです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: foldable, foldablesmartphone, foldablesmartphones, galaxy, galaxy fold, Galaxy Fold 2, galaxyfold2, smartphone, smartphones
0シェア
FacebookTwitter