シャープのマスク、抽選方式での販売に

初回販売は4月27日終日で申込を受け付け

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年04月23日, 午後 06:23 in sharp
0シェア
FacebookTwitter

シャープは自社製不織布マスクの一般販売について、抽選方式に変更して実施すると発表しました。

シャープが公開した告知ページによると、初回販売の申込期間は4月27日午前0時〜23時59分。抽選日は4月28日です。価格は2980円(税抜)+送料660円(税込)で、販売数量は3万箱としています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行によりマスクが品薄となるなか、シャープはテレビ向け工場のクリーンルームを流用して生産ラインを立ち上げています。

そのシャープ製マスクの一般向け販売を自社サイトにて4月21日から行うことになっていましたが、アクセス集中のため販売サイトで接続障害が発生。その影響を受けて、販売サイトと同じアカウント認証の仕組みを使うIoT家電まで利用できなくなる障害が発生していました。

そこで、アクセス集中を緩和し、障害の発生を避けるための取り組みとして抽選販売方式が導入された格好です。なお、シャープは申込期間中、「いつお申し込みいただいても当選確率は同じです」と明言しています。

一般に人気商品の抽選販売では、抽選開始にあわせて申込ページにアクセスしづらくなる可能性があります。アクセス集中を避けるためにも、申込開始時刻や昼休み、終了直前などは避けて申込をするのをおすすめします。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ecommerce, mask, sharp
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents