あつまれ どうぶつの森「いけがき」レシピのアンロック方法。レイジのていぼくでアースデー限定マイルも獲得 #ACNH

たぬきちと話すだけ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年04月24日, 午後 03:34 in gaming
0シェア
FacebookTwitter
どうぶつの森

4月23日に配信された『あつまれ どうぶつの森』Ver. 1.2.0 アップデートでは、ツツジやキンモクセイといった「ていぼく」を売ってくれるレイジの園芸店が加わりました。

一方、同じアップデートで使えるようになった「いけがき」は、植物ではなくDIYで作成する柵扱い。管轄も違うのか、レイジではなくたぬきちからレシピを教えてもらうことでアンロックします。

どうぶつの森

「いけがき」のアンロック方法

・Ver. 1.2.0 に更新後、たぬきちにアースデーのキャンペーンについて話を聞く。広場を訪れるレイジから任意の「ていぼく」を買って植えたあと、たぬきちに話しかける。

アンロックというほどの手順でもありませんが、低木植えチャレンジをクリアしてマイルを手に入れても、たぬきちに話しかけないと「いけがき」はもらえません。


どうぶつの森

低木を買って植えることで、たぬきちから説明があるアースデー期間限定キャンペーン「低木の苗を植えてみよう」チャレンジと、恒常の「低木で彩るガーデニング生活」の両方を達成できます。

「〜植えてみよう」は期間限定キャンペーンで200 x5 の1000マイル、「〜ガーデニング生活」は1/5/20本植えるだけでクリアでき、多くのマイルが稼げる機会です。


どうぶつの森

いけがきの素材は雑草10・木の枝5・石2。ほかの柵と同じく、10マス分が作成できます。

どうぶつの森

低木は植えて育てる必要がありますが、生け垣は柵なのでいきなりそのまま展開可能。低木や花とともに造園のキーになります。


「あつまれ どうぶつの森」4月23日に無料アップデート、「レイジの園芸店」や「いなりマーケット」を追加

Ver. 1.2.0 アップデートではレイジの園芸店や生け垣のほか、たまに面白贋作を売りつけるつねきちの怪しい「いなりマーケット」、美術品の寄贈で拡張できる美術館などが追加。イースターに続く季節イベントもアースデー、メーデー、国際ミュージアムデーなど多数が楽しめるようになります。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acnh, animal crossing, Animal Crossing New Horizons, gaming, nintendo
0シェア
FacebookTwitter