Android 11 DP3公開。アプリのデバッグが容易に、PIPのリサイズ機能も

5月にはベータ版がリリース予定

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年04月24日, 午後 01:00 in Android
0シェア
Android 11
Googleは4月23日(現地時間)、次期AndroidとなるAndroid 11の開発者プレビュー3(DP3)をリリースしました。開発者向けということもあり、目に見える形での新機能はありませんが、いくつか興味深い更新も含まれています。

まず、クラッシュしたのか、ユーザーが終了させたのかにかかわらず、アプリの終了理由を取得可能になりました。開発者にとってはデバッグを行いやすくなるなどのメリットが大きそうです。

また、ADBインクリメンタルという機能が追加されています。アプリを開発している場合、変更がわずかしかなくてもAPKを端末に送り直さなければならず、とくにゲームに多い2GBを超えるような大きなAPKを開発している場合には、転送に時間がかかってしまいます。しかし、ADBインクリメンタルでは、起動に必要な差分のみをまずインストールし、残りのデータはバックグランドで転送することが可能になります。

いまのところはPixel 4/4 XLでしか使えませんが、Android 11の正式リリース後に登場するデバイスでは、ADBインクリメンタルがサポートされるとのことです。

開発関連では、WiFiデバッグも強化されました。従来もWiFi経由でのデバッグは可能でしたが、セットアップ時にUSB接続が必要でした。しかしAndroid 11では、USB接続を必要とせず、WiFiのみでセットアップも行えるようになります。

最後に、更新内容としてはとくに触れられてはいませんが、開発者コミュニティのXDA-Developersによると、DP3ではピクチャー・イン・ピクチャーのサイズ変更が可能になるとのこと。ただしデフォルトでは有効にはなっていません。



開発中の機能のため、正式リリース時にそのまま機能が追加される保証はありませんが、大画面端末などでは、動画を便利になるかもしれません。

Android 11は、予定通りなら5月にベータ版がリリースされ、第3四半期(例年通りなら8月)に正式リリースされる予定です。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Android, Android 11, David Burke, DP3, gear, mobile, news, smartphone
0シェア

Sponsored Contents