SE2
温州艾奥科技(YouTube)
iPhone SE第2世代はiPhone 8がベースと推測されています。たとえば4.7インチの液晶ディスプレイや上と下のベゼルが厚め、1レンズの背面カメラ、Touch ID内蔵のホームボタンまでそっくり同じに見えます。

では、実際にどこまで同じなのか。中国のYouTuberがiPhone 8とiPhone SE第2世代を分解し、部品を取り替えて動作を確認している動画が公開されています。

分解された2つのデバイスは、やはりほとんどの部品が共通しています。その中での違いは、モデムやWi-Fiチップ、バッテリーコネクタ(iPhone 11のバッテリーコネクタと同じ)といったところです。そしてiPhone SE第2世代はiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicを搭載しているため、iPhone 8のA11とは異なりますが、マザーボードや部品の配置もよく似ています。

興味深いのは、両者の見かけがただ似ているだけでなく、主要なパーツが本当に取り替えが利くということです。たとえばiPhone 8のディスプレイをiPhone SE第2世代にサイズ的にも差し替えでき、ほぼ完全に動作しています。

バッテリー容量もぴったり同じだったことから共通のパーツ使用は推測されていましたが、ほぼ実証されたかっこうです。そろそろEngadget読者のお手元にもiPhone SE第2世代が届く頃と思われますが、「新製品が発売されたらすぐ分解」でおなじみの修理業者iFixitのレポートも待ちたいところです。