照明一体型プロジェクタ popIn Aladdin 2発表、6畳で100インチ実現

解像度はフルHDに

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月27日, 午前 11:22 in projector
0シェア
FacebookTwitter
engadget
プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」に新モデル「popIn Aladin 2」が登場しました。新開発の単焦点プロジェクターの採用で、投影サイズを前モデル比で2.8倍に拡大したほか、解像度もフルHDとなるなど、随所が進化しています。

「popIn Aladdin」シリーズは、シーリングライトと一体化させることで、置き場所を不要にした家庭用プロジェクターです。

新モデル「popIn Aladin 2」の特徴は、狭い間取りでも大画面を投影できる点です。先代は焦点距離の兼ね合いから、狭い部屋では画面サイズが小さくなる課題がありました。一方の「popIn Aladdin 2」では、新開発の短焦点レンズを採用することで、投影距離あたりの画面サイズを2.8倍に向上。4.5畳(投影距離1.3m)で87インチ、6畳(投影距離1.6m)で100インチを実現します。

engadget
▲短焦点レンズで投影距離あたりの画面サイズが2.8倍に

engadget
▲6畳(投影距離1.6m)で100インチ

斜めから投影する際に台形補正を利用した場合でも、5.1畳で70インチを実現。台形補正は水平40°・垂直40°に対応します。解像度も従来モデルのHDからフルHDに向上。また、投影位置を従来よりも下げられるため、目線の低い子供でも快適に視聴できるようになっています。

engadget▲5.1畳で斜めから投影するといった場合でも70インチを実現する

オーディオ面でも、ハーマン カードンのスピーカーを従来モデルの1基から2基に倍増。出力も5Wから8Wに強化しています。

engadget
▲スピーカーは2台に倍増、出力も5Wから8Wに強化

デザイン面では、『より一般的なシーリングライトを目指した』といい、前モデル比で14%薄型化。シーリングライトとしての機能も強化し、8畳までの部屋に対応するほか、器具光束はデフォルト3800lm、最大4300lm。調色は2800K〜600Kの範囲から無段階で選べます。

コンテンツ面では、タイマーで目覚めや睡眠導入をサポートする「Aladdin Timer」や、家でヨガ教室に通ったような体験ができる「おうちヨガ」のライブレッスン機能を搭載します。

engadget
▲先代モデルとの変更点

価格は9万9800円(税・送料込み、以下同)で、6月上旬に出荷予定。予約は本日(4月27日)より開始します。また、3000台の先行予約限定で、7万9800円で販売するキャンペーンも予定します。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: popinaladdin, popinaladdin2, projector
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents