シャープのマスク、初回抽選販売に470万人応募 29日までに当落通知

2回目以降の抽選販売は今後アナウンス予定

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月28日, 午前 11:05 in COVID-19
0シェア
FacebookTwitter
engadget
シャープは、昨日(4月27日)実施したマスク抽選販売の初回に、約470万6385人が応募したことを明かしました。応募多数を受け、販売数量を当初の3万箱から4万箱に増量(いずれも50枚入り)。それでも倍率は118倍と、118人に1人しか当選しない計算です。

抽選販売は昨日23時59分に終了しており、本日(4月28日)中に抽選を行い、当選者には明日(4月29日)までにメールで通知します。なお、当選後の購入時にはシャープの独自EC「COCORO MEMBERS」への会員登録が必要です。

また、第1回に応募した人は、第2回以降の抽選販売についても自動的に応募扱いとなります。このため、あらためて応募する必要はありません。第2回以降の抽選販売の詳細は今後アナウンスします。

シャープのマスクは三重県多気工場の液晶ディスプレイ生産設備を活用して製造したもの。クリーンルームの空きスペースを利用しており、既存製品への製造面での影響もありません。価格は50枚入りが2980円(税・送料別)で、支払い方法はクレジットカードのみ。送料は全国一律660円となります。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: coronavirus, COVID-19, sharp
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents