Facebook2020年4月24日(現地時間)、Facebookはビデオチャットサービス「Messenger Rooms」を発表しました。

「Messenger Rooms」はFacebook、またはMessengerでビデオチャット用のルームを立ち上げることで利用でき、1ルームにつき最大50人まで時間無制限で利用できます。ルームを立ち上げるホストはアカウント登録が必要ですが、招待される側はアカウントがなくても参加可能。専用のアプリをインストールする必要もないため、手軽にビデオチャットが楽しめるとのこと。

その他、顔や背景を彩るさまざまなエフェクトやカメラフィルターなど、ビデオ通話を盛り上げる機能も用意されています。大人数でのビデオチャットサービスは会議などビジネスに用いられることが多いのですが、本サービスは「プライベート」で楽しむことも考えて作られています。

ホストはゲストを制限したり、部屋をロックしたりといった利用制限を設定することができるので、面識のないユーザーが突然入ってくるというトラブルを避けることができます、また、部屋にはリンクを共有している人なら誰でも参加できますが、ホストはゲストを指定して退出させることも可能です。

Facebookによると本サービスは今週中にも一部の国で利用可能になり、その後数週間でアメリカをはじめその他の地域でもサービスを開始する予定。Instagramのダイレクト機能やWhatsApp、Portalからでも部屋が立ち上げることができるようになるほか、サービス内容もより充実させるとしています。