ポケモンGO リモートレイド解禁、専用パスは初回3枚1コイン。フレンド招待は今後

選べるのは付近のレイドのみ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年04月28日, 午前 05:01 in niantic
0シェア
FacebookTwitter
Pokemon GO

ポケモンGOが新機能『リモートレイド』を解禁しました。

専用アイテム「リモートレイドパス」を消費することで、マップ上か「付近のようす」に現れるレイドを選んで遠くから参加できます。

フレンドを招待して、一緒にレイドボスに挑むことも可能になる予定です。
Pokemon GO

ポケモンGOの「リモートレイド」は4月半ば、新型コロナウイルス感染症の流行による世界的な外出制限や人と集まることを避ける動きに対応する新機能のひとつとして発表されました。

ポケモンGO「リモートレイド」発表。相棒がギフト回収、任意CPに一発強化など新機能多数

リモートレイドの参加方法は、

・新しい消費アイテムのリモートレイドパスを手に入れる。ショップでは通常1枚100コイン、初回のみ3枚1コインで販売中。

マップ上に見えているレイド中のジムか、右下のレーダーをタップして「付近のようす」「レイド」タブに一覧されるレイド中のジムを選ぶ

リモートレイドパスを消費して参加を選ぶと、通常のレイドのようにロビーに参加できる。ロビーはリモートもローカルも一緒。実際に近くで参加している人と混成になる。



どこのレイドにも自由に参加できるわけではなく、あくまでマップ上か「付近のようす」にある近所で開催中のレイドのみが対象です。

フレンドに招待してもらうことで、自分の付近にはない(フレンドの近所の)レイドには参加できるようになる予定ですが、執筆時点で招待機能はまだ使えません。




ナイアンティックはリモートレイドの仕組みについて、有料のチケットを消費するほか、

・ひとつのレイドにつきリモートで入れる人数の制限
・リモート参加の場合は与ダメージ量に制限

といった調整を今後のフィードバックを反映しつつ進めてゆく予定です。ダメージは「一時的な対応として」ローカル参加プレーヤーと同じに設定されています。

これはおそらく、今後の世界の状況により外出制限などがなくなった際に、実際に歩いて参加するプレーヤーと差をつけるための措置と思われます。

追記:ナイアンティックによると、現在ひとつのレイドにリモート参加できる人数は10人まで。ただしこれはダメージの無修正と同じく当面の一時的な措置で、将来的には5人までになるとしています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: niantic, pokemon, pokemon go, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter