ポケモンGO、ポケストップも遠距離アクセス可能に。相棒がギフト発見もスタート

一時的な措置

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年04月28日, 午後 02:30 in Pokemon GO
0シェア


ポケモンGOが在宅プレイ対応をさらに強化しました。

本日より始まったリモートレイドに加えて、ポケストップも従来の倍の距離からアクセスできるようになったほか、相棒ポケモンがギフトを発見して回収してくれるようになりました。



ポケモンGOでは4月からジムだけはアクセスできる範囲が倍に広がっていましたが、ポケストップは同じ距離でグラフィック的には反応するものの、フォトディスクを回してアイテム取得はできない中途半端な状態が続いていました。

今回の更新でようやくポケストップも、従来より広い範囲から回せるようになります。近くになければ意味がありませんが、もう少しで届く場所にある場合には、アイテムやフィールドリサーチが枯渇せずに済むようになります。

アイテム不足といえば、予告されていた「相棒からのギフト」も実際に始まりました。相棒ポケモンにきのみやポフィンを与えて一緒に歩く状態にしておくことで、近くのポケストップからギフトを持ってきてくれます。

「相棒からのギフト」は従来のおみやげやアイテムのように、発見すると相棒ポケモンアイコンのうえにポップアップが現れます。

ギフトからは従来よりも多くのモンスターボールが出てくるように調整されており、また保持できるギフトの数は20個・一日に開けるギフトの数は30個に増えているため、アクティブなフレンドがいれば、お互いに贈り合うことでアイテムの枯渇にある程度対処できます。

ポケストップのアクセス範囲拡大は、ジムと同様に一時的な対応。終了期日は決まっておらず、当面のあいだとされています。

ポケモンGO リモートレイド解禁、専用パスは初回3枚1コイン。フレンド招待は今後

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: coronavirus, COVID-19, gaming, niantic, pokemon, Pokemon GO, stayathome
0シェア

Sponsored Contents