NHKがテレワークでドラマを制作、小日向文世や柴咲コウなどが出演

5月上旬に3作品を放送

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年04月28日, 午後 06:30 in internet
0シェア
Engadget
NHK総合は5月上旬にテレワークで制作したドラマを放送予定です。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くのテレビ局が収録を見合わせている中、「今だからできるドラマ作りを!」という一心でテレワークでのドラマ制作を開始したそうです。打ち合わせやリハーサルをはじめ、本番収録もすべてオンラインで実施しました。

ビデオ会議ツールなどを活用して公演を実施する劇団などは存在しますが、NHK制作となるテレワークでのドラマがどういった仕上がりになるのか期待したいところです。番組内容と出演者は下記の通りです。

第1夜「心はホノルル、彼にはピーナツバター」
5月4日(月)総合 よる11時40分から翌 午前0時10分
【出演】満島真之介×前田亜季
【脚本】矢島弘一
婚約中の神林五郎(満島真之介)と森本千明(前田亜季)。五郎の転勤のため目下遠距離恋愛中だ。折しもこの春予定していた人生最大のイベント、ハワイでの結婚式は開催が中止に。うまく事が運ばないイライラと会えない寂しさ...。そんな思いを抱えながらも唯一の連絡手段となったビデオチャットで今日も二人のラブラブトークが始まる。ところが些細な行き違いから二人の隔たりが露わとなってまさかの破局にまで発展!?


第2夜「さよならMyWay!!!」
5月5日(火)総合 よる11時15分から11時45分
【出演】小日向文世×竹下景子
【脚本】池谷雅夫
宍戸道男(小日向文世)は40年連れ添った妻・舞子(竹下景子)を脳卒中で失ったばかり。それでも悲しみに耐えながら、自ら営む保険代理店の仕事を今日も真面目に誠実にこなしていた。その時、業務用のパソコンに一件のビデオ電話がかかってくる。画面の向こうにいるのは...。なんと死んだはずの舞子だった!そして、さらに驚がくの展開が。画面越しに舞子が突き付けてきたのは離婚届!いったい妻は何のために幽霊となって道男の前に現れたのか...。


第3夜「転・コウ・生」
5月8日(金)総合 よる11時40分から翌 午前0時10分
【出演】柴咲コウ×ムロツヨシ×高橋一生
【脚本】森下佳子
【音楽】宮崎誠
外出自粛で家に閉じこもっていると、「あの人に会いたいな」という気持ちが募りますよね。するとなぜか、「会いたい」と思った人と魂が入れ替わる珍事が発生し・・・。シバサキコウがむろつよしと入れ替わり、今度は、タカハシイッセイとも入れ替わって大混乱!会いたいってこういうことじゃないんだ!果たして3人は元の体に戻れるのか。抱腹絶倒のファンタジー・コメディー。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: coronavirus, drama, entertainment, internet, nhk
0シェア

Sponsored Contents