todayUIの変更や大幅な機能追加を果たしたものの、動作の重たさで不評だった「Windows Vista」。これに続くWindowsの新バージョンが「Windows 7」でした。

このリリース候補版となる「Windows 7 RC」の提供が開始されたのが、2009年の今日です。RC版(Release Candidate)は製品化直前のバージョンとなるもの。致命的な不具合がなければこのまま製品としてリリースされてもおかしくない完成度のもので、Windowsを採用するメーカーの動作確認用として使われます。β版が公開されたのが2009年1月ですから、RC版登場まで意外と早かったという印象です。

通常はハード/ソフトメーカーへの提供だけとなりますが、多くのユーザーを抱えるWindowsだけに、MSDN/TechNetに登録しているユーザーにも2009年の本日から提供が始まりました。さらに5月5日には範囲を広げ、一般ユーザー向けの提供が開始されています。

無料で新OSが試せるということもあり、当時、RC版を試したと懐かしく思い出す人も多いのでは。

Windows 7は基本的にはVistaとあまり変わりませんが、重たいと不評だった動作が軽量化されたほか、SSDへの最適化、サイドバーガジェットの廃止などが行われています。こういった改良が受け入れられ、XPからの移行先として人気となりました。

today

ちなみに、正式版の発売は同年10月22日ですから、約半年後ですね。なお、Windows 7は2015年の1月にメインストリームサポートが終了し、今年の1月に延長サポートまでも終了しています。サポートの終了したOSを使い続けるのはセキュリティ上のリスクとなるだけに、使用の停止、もしくはWindows 10へと乗り換えましょう。

4月30日のおもなできごと

2009年、マイクロソフトが「Windows 7 RC」を提供開始
2016年、ソニーがブルーレイレコーダー「BDZ-ZT2000」など4機種を発売
2016年、SpaceXがロケット着地の瞬間を360度動画で公開