engagdet
出前館とタクシーアプリの「Japan Taxi」「MOV」を運営するMobillity Technologiesが業務提携。フードデリバリーの「出前館」「LINEデリマ」「dデリバリー」で、配達依頼とタクシー事業者のマッチング業務を本日(5月1日)より開始しました。

この提携は、新型コロナウイルスによる外出自粛要請に伴い、逼迫する出前サービスの配達業務と、需要が減少するタクシーの有効活用を目的としたもの。

発表によると、出前館の注文数は前年同月比21%増加している一方、タクシー事業者の売上は前月比54%減少しています。これを受け、国土交通省は4月21日に道路運送法に基づく特例措置として、タクシー事業者による有償貨物輸送の特例を通達しており、同提携もこの通達に沿ったものです。

この業務提携により、配達機能を持たない飲食店に対して出前館が提供する配達代行サービス「シェアリングデリバリー」における配達方法の1つとして、タクシーが配達業務を担います。

稼働するタクシーは、Mobility Technologiesと提携するタクシー事業者の中から、有償貨物運送許可を取得している日の丸交通株式会社、アサヒタクシー株式会社、新大阪タクシー株式会社、東京・日本交通株式会社などの一部車両となります。

期間は5月1日から5月13日まで。エリアは東京(銀座、神田など八丁堀エリア)/神奈川(新横浜などセンター南エリア)/大阪(梅田、難波など今里エリア)において順次開始します。

マッチングした際には、新型コロナウイルス対策を義務付けられたマスク着用の乗務員が食事を店舗へピックアップし、注文者のもとにタクシー車両を使って運びます。