最新設備で超快適、新型特急サフィール踊り子乗車レポ(辛酸なめ子)

天井も一部窓になっているので景観も抜群

辛酸なめ子
辛酸なめ子
2020年05月2日, 午前 11:30 in JR
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

いつの日か、事態が落ち着いたらまた乗車したい、新型特急サフィール踊り子の乗車体験をレポートさせていただきます。東京11:00発伊豆急下田行きの1号に乗車。全席グリーン車で、家族や友人同士で過ごせるグリーン個室と、2列シートの座席が高級感あふれるプレミアムグリーン車、ほどよく高級感があってリラックスできる3列のグリーン車の、3タイプの座席があります。

プレミアムグリーン車は東京〜伊豆急下田が1万1430円(おとな1名)、1〜4名用のグリーン個室は4名利用で3万6440円、ふつうのグリーン車は9110円(おとな1名)という料金設定。ふつうのグリーン車に乗車しましたが、頭部を置くクッションやリクライニングシートなど十分快適でした。読書灯や電源コンセントもあって仕事したい人にとってはしやすい環境です。せっかくなので車窓の景色を眺めた方が良いと思いますが......。ちなみに天井も一部窓になっているので、自然の景観をさまざまな角度から楽しむことができます。

4号車カフェテリアではあらかじめネットで注文していたラーメンなどを食べることができます。カフェテリアを11時台に予約したら車窓の景色がまだ横浜とかで渋いビル群でした。ラーメンは都会的でさっぱりしたおいしさ。ミネラルウォーターがついてくるのが嬉しいです。

伊豆半島に入り、窓の外に大海原が広がると、車内放送で伊豆大島や神津島、利島などの位置をアナウンスしてくれるサービスが。温泉街の湯煙が見えたり、景色に心が癒されます。最新設備で快適な列車の旅を体験できましたが、本数が少ないので帰りはサフィールではない特急踊り子号に乗車。揺れとともに目の前の扉が激しく開閉していましたが、レトロなシートや内装が懐かしく、年齢的には古い踊り子も居心地良かったです。

Engadget

注)この記事は新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発令される以前に取材した内容です。特急サフィール踊り子のカフェテリアと車内販売は、新型コロナウイルスの感染症拡大防止の観点から、4月9日から5月31日まで提供中止となっています。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: JR, train
0シェア
FacebookTwitter