HTC NIPPON、VIVE Cosmos Elite HMDとフェースプレートを5月15日に単品発売

ベースステーションとコントローラーが別途必要

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月1日, 午後 06:00 in vr
0シェア
FacebookTwitter
VIVE

HTC NIPPONは5月1日、VRヘッドセットVIVE Cosmos Elite HMDとVIVE Cosmos外部トラッキング・フェースプレートの国内販売を発表しました。価格はVIVE Cosmos Elite HMDが6万7100円(税抜)、外部トラッキング・フェースプレートが2万4000円(税別)でどちらも5月15日(金)発売予定。すでに、予約の受付は開始されています。

VIVE Cosmos Elite HMDは、先に発売されているVIVE Cosmos EliteのHMDのみを単品販売するもの。VIVE Cosmos EliteはHMD、ベースステーション1.0 x 2、VIVEコントローラー x 2のセットで12万989円(税別)なので、すでにベースステーションやVIVEコントローラーを持っているのであれば、HMDのみお得に購入が可能になるわけです。

なお、VIVE Cosmos Elite HMDの購入者には、毎月定額でVIVEのアプリストアVIVEPORTの対象コンテンツをダウンロードし放題となるVIVEPORTインフィニティを2か月間無料で利用出来ます。


また、VIVE Cosmos外部トラッキング・フェースプレートは、本体カメラによるインサイドアウト式のトラッキングを行うVIVE Cosmosのフェイスプレートと交換することで、VIVE Cosmos Elite相当の外部トラッキングに対応させます。ただし、トラッキング方式が変わるため、VIVE Cosmosのコントローラーは使用できなくなり、別途ベースステーションとコントローラーを用意する必要があるので注意が必要です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: hmd, htc, vive, vivecosmos, vivecosmoselite, vr, VrHeadset, wearables
0シェア
FacebookTwitter