枝を避けて斧を振るう!木こりアクション『Timberman』:発掘!インディーゲーム

ゲーム基礎体力が問われる

龍田優貴(Yuuki Tatsuta)
0シェア
FacebookTwitter
Timberman
【連載:発掘!インディーゲーム】
PCゲームプラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品から、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ! 今回ご紹介するのは『Timberman』です。

発掘!インディーゲーム連載一覧

『Timberman』はDigital Melodyが開発を手掛けたカジュアルアクションゲーム。寡黙な木こり職人となり、全神経を集中させて樹木を切り倒しましょう。

Timberman

一介の木こりとなったプレイヤーに与えられた使命。それは「とにかく目の前の樹木を切り続ける」というもの。左、右、左、右......と矢印キーを押下し(もしくはマウスの左右クリック)、ダルマ落としの要領で伐採を進めてください。

Timberman



Timberman

樹木の枝に触れると即エンドとなってしまいます。うっかりミスを防ぐためにも、真上に枝が迫ってきた場合は素早く左右の位置を入れ替えて対処しましょう。

また画面上のゲージはプレイ可能時間を現しており、伐採アクションを成功させるごとに残量が回復。逆に作業が遅すぎるとゲージが尽き、ゲームオーバー扱いとなります。特殊能力やお助け機能が無い分、焦らず、かといってスピード感を殺さない緩急のついたキー操作が問われます。

Timberman

枝に激突、もしくはタイムアップした時点でプレイは終了。この時ベストスコアが記録されるだけでなく、指定回数をこなしていれば報酬として新キャラクターがアンロックされます。基本能力に差異こそありませんが、全キャラクター解放を目指してやり込んでみるのもオススメです。

Timberman

ローカル対戦やクイックマッチ、フレンドを招待して行う多人数モードでは、横一列に並んで白熱必至の木こりバトルが楽しめます。

ゲームシステム自体は単純。されど隣に人が立っているだけで、伐採作業は絶対に負けられない戦いへと様変わりします。加えて100円で購入できるお手頃価格も嬉しい『Timberman』。スコアアタックを通して己の限界に挑みたい方、友人知人を誘って対戦プレイを楽しみたい方はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

Timberman




 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 発掘インディーゲーム, excavationgame, game, games, mac, pc, PC Gaming, PcGaming, steam, windows
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents