Apple WatchのECG、病院の専門機器が見のがした心筋虚血の兆候を検出

なぜ日本では今なお利用できないんでしょう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年05月4日, 午前 11:40 in apple
0シェア
FacebookTwitter
ECG
Apple

Apple Watch Series 4以降に搭載されたECG(心電図)アプリは数々の命を救ってきましたが、新たに病院の専門機器が見のがした心臓の異常を検出したことが報じられています。心臓病の医学雑誌European Heart Journal(オックスフォード大学出版局が発行)によると、これはドイツのマインツに在住する80歳の女性の身に起きたことです。

女性は胸痛や不整脈、立ちくらみを訴えてマインツ大学医療センターで診察を受けたところ、12チャンネルECGで検査した結果「虚血の証拠はない」と告げられたとのことです。

そこで女性がApple WatchのECGテスト結果を提示。これにはSTセグメント(心電図波形の名称)の顕著な低下が含まれていたことから、医師は心筋虚血の兆候があると認め、カテーテル検査室に移送されることに。

そして実際に「左主幹狭窄および左前下行性/対角分岐病変」が判明したため、冠動脈ステント留置術(バルーンで血管を広げ、ステント=金属製の網状チューブを挿入する手術)が行われ、翌日退院したと伝えられています。

女性が患っていた心筋虚血とは、心臓の筋肉(心筋)に血液を送り込む冠動脈に狭窄や閉塞等が起こり、心筋に血液が十分に行き渡らなくなった結果、心臓が酸欠状態に陥ることです。一般に胸のあたりを中心に締め付けられるような痛みや胸焼けのような症状が起こり、重症になると危険な不整脈が起こることもあるとされています

European Heart Journalが「Apple Watchは心房細動や房室伝導障害を検出するだけでなく、心筋虚血を検出するためにも使用できます」「1日1つのリンゴで心筋梗塞を防げます」と結論づけており、医学の専門家もECGアプリの有効性を認めたと言えます。

Apple WatchでECGアプリを使うには、まず専用アプリを起動。そしてデジタルクラウンに指を触れたまま30秒間安静にしていると計測が終了し、測定した心電図はPDFに書き出して医師に送信することもできます。

記事執筆時点では、日本ではECGアプリはいまだに利用できません。おそらく公的機関(たとえば米国ではFDA)の認可が下りていないからと推測されますが、すでに海外で数々の命を救っている実績を考慮に入れ、わが国でも少しでも早く利用可能になるよう祈りたいところです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, Applewatch, disease, ecg, health
0シェア
FacebookTwitter