ノイキャンヘッドホン「Razer Opus」が中国発売。THX認定を取得

どこかで見たデザイン…

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年05月5日, 午後 06:00 in razer
0シェア
New noise canceling headphone

ゲーミングブランドの米Razerは、ノイズキャンセリングヘッドホン「Razer Opus」を中国にて発売しました。

Razer Opusは内部に40mmのスピーカードライバーを搭載したヘッドホンで、周囲の騒音をマイクで集め逆位相の音を再生し、騒音をかき消すノイズキャンセリング機能が利用できます。なお、本体にはノイズキャンセリング用のマイクを2個、そして通話用のマイクを2個搭載しています。

本体にはボリュームや通話、ノイズキャンセルのオン/オフといった、5個の物理ボタンを搭載。タッチセンサーではなく操作性に優れる物理ボタンを選択するあたりは、さすがゲーミングブランドならでは、といったところでしょうか。また、ヘッドホンが頭から着脱されたことを感知して、音楽再生が一時停止/再開される機能も搭載されています。

通信規格としてはBluetooth 4.2に対応し、aptX/AACのコーデックが利用可能。満充電状態では最大25時間使用できます。また、製品は高品質映像/オーディオの認定プログラムとなる、THX認定を取得しています。なお、THXは2016年にRazerによって買収されています。

Razer Opusの価格は1799元(約2万7000円)で、カラーバリエーションはミッドナイト・ブルーとクラシック・ブラックの2色。現時点では中国国内向けに販売されており、他地域への展開の有無は不明です。Razerは以前にも中国向けにモンスターボール/ピカチュウデザインのワイヤレスイヤホンを投入しており、ゲーミングブランドの枠にとらわれない製品展開に注目が集まります。

New noise canceling headphone

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: headphones, NoiseCancelling, razer
0シェア

Sponsored Contents