WWDC20
Apple

アップルは今年の開発者会議WWDC20を、6月22日から開催することを発表しました。新型コロナウイルス感染拡大によりオンライン形式となることは発表済みでしたが、ようやくスタートする日が正式に明かされたかっこうです。

なお、いつまで開催されるかは言及されていませんが、詳細は開催が近づくにつれ、Apple DeveloperアプリやWebサイトおよび電子メールにより提供されるとのことです。今回はWWDC31年目にして、初のオンライン開催。例年であれば応募者の中から抽選で約5000人しか参加できませんでしたが、物理的な会場の制約がなくなったことで、史上最高の2300万人ーー155以上の国や地域にわたる開発者コミュニティすべてに向けたセッションとなります。

そして昨年のチケットは約1600ドル(17万円)しましたが、WWDC 2020はオンラインゆえに無料。その意味でも今回は、国境や様々な壁を乗り越えた「最も開かれたWWDC」というに相応しいものです。すべてのOS(iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS)の未来を体験できることも謳われています。

これまでアップルは世界各国の学生を対象として、WWDCに参加する機会を提供するスカラシップ(参加費や諸経費を援助)を実施してきました。今年はそれに代えて「Swift Student Challnge」、すなわちSwift Playgroundsを提出するコンペが開催されます。

すでにSwift Student Challnageの応募は可能となっており、締め切りは大西洋時間5月17日23時59分(太平洋夏時間;日本時間では5月18日15時59分)。それまでに、世界中で開発に取り組んでいる学生の皆さんを対象に、Swift Playgroundで開発した実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンが募集されます。

優秀作品には他では入手できないWWDC20ジャケットとピンバッジのセットを進呈するとのことです。さらなる詳細は、こちらで案内されています

WWDCは開発者向けのイベントではありますが、プロ向けのハードウェア・ソフトウェア製品や新たなジャンルの製品が披露される場でもあります。今年5月の時点で、16インチMacBook Proや13インチMacBook Proの後継機など噂のPro向け新製品は出尽くした感もありますが、思わぬ隠し球もあるのかもしれません。