Chromeブラウザでもライブキャプションが利用可能に。Canaryビルドでテスト中

ライブストリーミングを見る場合には便利そう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月6日, 午後 01:30 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Chrome Live Captions
GoogleがAndroidに追加した自動字幕起し機能、ライブキャプションがChromeブラウザでも利用可能になりそうです。ChromeのCanaryビルドにおいて、このライブキャプション機能が追加されているのが見つかりました。

デフォルトでは有効になっておらず、試験運用機能(chrome://flags/)からLive captionsのフラグを有効にすると、Chromeの詳細設定に自動字幕起し機能が追加されます。

Chrome Live Captions

字幕が表示されるウインドウはブラウザ内の好きな位置に移動できます。ただ、筆者が試してみたところ、設定は有効にできたものの、字幕起し自体は機能しませんでした。まだCanaryビルドなので、いずれ安定するのでしょう。

Windowsのほか、Mac、Linux、Chrome OS版のCanaryビルドで試すことができますが、ベータ版や安定版に追加されるのは、もうしばらく待つ必要があります。もっとも、利用可能になったとしても、Androidと同様に当面は英語のみのサポートになると考えられます。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: browser, Chrome, Chrome OS, gear, Google, internet, Linux, live caption, Mac, news, web, Windows
0シェア
FacebookTwitter