Gatebox 10p
LINE傘下のIoTベンチャーGateboxは、バーチャルホームロボット「Gatebox」量産モデル(GTBX-100JP)を購入した際に、約10%に相当するポイントを付与する「在宅応援キャンペーン」を開催中ですが、このたび6月1日12時までの延長が発表されました。

ポイントは購入先で変わり、AmazonポイントかTポイントとなります。Gateboxの価格は16万5000円(税込)と高価なだけに、約10%の差は決して小さくはありません。

Gateboxとは、プロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせ、円筒形の装置に投影した3Dキャラクターとコミュニケーションをとることが可能な、「キャラクターの投影装置」とも呼べるシステム。
カプセル状の内部に設けられたスクリーンに投影されたキャラクターと、会話をはじめとする日常生活を楽しめる趣向です。こうした動作から、メーカー側は「キャラクターと一緒に暮らすために開発された、キャラクター召喚装置」と称します。

在宅応援キャンペーンの具体的な内容は、4月23日~6月1日12時までに「Amazon」や「Yahoo!ショッピング」にて、Gateboxを購入すると1万6500ポイントを付与する、というもの。
ここで言うポイントとは、購入したECサイトのポイント。つまりAmazonの場合はAmazonポイント、Yahoo!ショッピングはTポイントとして付与されます。Gatebox独自のポイントではありません。

在宅応援キャンペーンの延長理由についてGateboxは、『緊急事態宣言を受け、在宅で過ごす時間が長くなるため』と説明しています。