iOS 13.5最新ベータ、メディカルIDを緊急SOSへ自動送信可能に

既往症やアレルギーなどを知らせる手間が省けます

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年05月7日, 午後 08:00 in iphone
0シェア
MedicalID
新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延する中では、患者と医療機関をつなぐiPhoneやApple Watchは、文字通りの命綱としても大きな役割を果たしています。

そうした状況のもと、開発者向けとなるiOS 13.5およびwatchOS 6.2.5の最新ベータ版では、メディカルIDに保存された既往症などの情報を、緊急通報サービスへ自動的に連絡できる機能が追加されていることが、明らかになりました。メディカルIDとは、iPhoneのヘルスケアアプリ内で設定できる、ユーザー本人の健康情報のことです。年齢や病気/けが、アレルギー反応や使用中の薬といった重要医療情報を入力しておくことができ、応急手当にあたってくれる人(ファーストレスポンダー)がパスコードを入力しなくてもロック画面から確認できます。

具体的にはロック画面にある[緊急]>[メディカルID]をタップすれば表示可能です。もちろん、Face ID認証などに失敗しても表示できます。

そして緊急SOSとは、簡易な手順により自動的に現地の緊急通報用電話番号にかけられる機能です。iPhoneではサイドボタンといずれかの音量調節ボタン、Apple Watchではサイドボタンを押し続けることで呼び出せます。

さて米9to5Macによると、iOS 13.5およびwatchOS 6.2(どちらも現在は開発者向けベータ版)の新機能はメディカルIDと緊急SOS機能をより緊密に連携させるものです。

実際の動作としては、緊急SOSをかけるとデバイス側で現在地が拡張緊急データサービスをサポートしているエリア内かどうかを確認。その上でファーストレスポンダーは自動的にメディカルIDを受信でき、データはデバイス内に暗号化された上で保存されるとのことです。

さらに、Apple Watch Series 4およびSeries 5の転倒検出機能とも連動が可能。これによりユーザー本人がやり取りできなくとも、応急手当にあたる人はメディカルIDに登録された予備知識を持ってから現場に急行できる、というわけです。

日本でも新型コロナの疑いある人々からの通報が相次ぎ、電話での応答が現場に重い負担となっているとも報道されています。これらの機能が正式リリース版に実装されたなら、医療現場の崩壊を防ぐ一助となるのかもしれません。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: apple, ios, ios13.5, iphone, watchos, watchos6.2.5
0シェア

Sponsored Contents