iPadマウスカーソル開発の苦労をフェデリギ上級副社長が語る。「簡単な作業ではなかった」

Apple TVカーソルにインスパイヤ

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年05月7日, 午後 05:15 in ipad
0シェア
FacebookTwitter
iPadOS
iPadOS 13.4では、それまで要望の多かったマウスとトラックパッドがついに正式サポートされ、多くのユーザーから好評となっています。macOSのようなマウスの挙動を実現しつつ、iPadの指によるタッチオペレーションの良さを両立させるという点では、開発陣の大変な苦労が察せられます。

実際、iPad用カーソルを開発するのは簡単な作業ではなかったーーそう振り返るアップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギ氏のインタビューが公開されています。米TechCrunchはiPadカーソルの挙動がいかに洗練されているかを概観してから、フェデリギ氏に開発秘話を取材しています。iPadOSのカーソルとApple TVのそれは挙動(ふだんはカーソルが表示され、アイコンやボタンなど各部の上に置くと色が変わるなど)がよく似ていると指摘されると、同氏はそれを事実と認めています。

iPadOS

フェデリギ氏いわく「さまざまな要素がどのように連携するかを、正しく把握するための道のりがありました」「不必要なレベルの精度を伝えない、あくまでタッチ中心のカーソルが必要であることはわかっていました。Apple TVと同様のフォーカス体験(カーソルを重ねた部分が目立つ演出)が、楽しい方法で応用できることは分かっていました」とのこと。

とはいえ、(Apple TVが扱わない)テキストを処理するためには「より大きなフィードバック(操作感覚)」を提供したいと考えていたとも述べています。そのために「非常に多くのソースから方法を引き出した」、すなわち「tvOSでの作業、Macでの長年の作業、およびiPhone Xと初期のiPadでの開発から体験を引き出す」ことで、iPad上で自然かつ新しいインターフェースを生み出したと語っています。

また、Apple TVのインターフェースからは、カーソルを"インスパイヤ"(着想を与えた)しただけではないとのこと。中心的な設計チームとしては、実際にApple TVやiPadOS、その他の製品を含むグループ全体で共同作業をしていたと述べています。

iPadOSは基本的には指によるタッチ操作を再現するものですが、テキスト編集ではより高精度な操作が求められます。そこでフェデリギ氏ら開発チームが思いついたのが「エレガントに変容する円カーソル」というわけです。

「たとえば、ボタンに近づけばフォーカスを示すよう変形したり(ボタンの色が変わり、アイコンが大きくなるなど)、別のボタンにジャンプしたり、テキスト選択ではIビーム(I字型カーソル)」といったぐあいに、状況に応じてポインタの形状が変わるというアイデアです。

しかもI字型カーソルは「編集中のテキストのサイズに一致し、カーソルが挿入される場所と、入力を開始したときに生成されるテキストのサイズを明確に示します」とのこと。たしかに編集あるいは範囲指定するテキストの大きさに合わせてI字カーソルの大きさも変わっていますが、このあたりは自然すぎて、指摘されないと気づきにくいところです。

もちろんアップル純正のiPad Pro用Magic Keyboardが最高のテキスト入力環境ではありますが、その他のサードパーティ製マウスやトラックボールを使っても(スクロールホイールにまで対応しています)快適な操作を実現しているスゴさ。その苦労をより詳しく知りたい方は、ぜひとも文末のSource欄より原文記事も読まれることをお勧めします。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, ipados, ipados13.4, magickeyboard, mouse, ipad
0シェア
FacebookTwitter