『MAXSTAND』は立っても座っても快適に使えるPCスタンドでした

ジュンヤマグチ
ジュンヤマグチ
2020年05月9日, 午前 07:30 in accessory
0シェア
FacebookTwitter

Engadget

イノベ部がGREEN FUNDINGにてアルミ削り出しのスタンディングアーム『MAXSTAND』のプロジェクトを実施中です。価格は1個1万6675円ですが、15%OFFなど割引価格で購入できます。今回の製品はアルミ削り出しのスタンディングアームです。デスク置いて立って作業するもよし、座って作業する際のスタンドにするもよしの製品です。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

Engadget▲パーツ一覧。従来のPCスタンドと比べてみてもかなり分厚い脚がついています。

100%アルミ削り出しだけあって高級感と剛性を感じさせる質感です。パーツ1つ1つもとてもずっしりした重さがあり、仮にも落とすようなことがあれば床のほうが無事では済まないでしょう。それくらいがっしりしています。組み立ては特に迷うことはなし。脚の角度を調整してネジを締めるだけです。

今回試用した段階では、ネジが硬いこと、パーツに厚みがあるため、結構ネジを回さないといけないこと、本体の重さなどが起因し、組み上げと好きな角度への調整には時間がかかりました。メーカーさんによると、ネジなどはこれから更に改良予定とのことなので、それに期待したいですね。

Engadget
▲組み上げてPCを乗せてみました。13インチのMacBookProは全く問題なく乗ります。16インチなどでも安心して乗せられる幅がありますね。

PCを乗せてもガタツキなどもありません。また、ネジによる固定方法の恩恵で、この手のスタンドに起こる脚のヘタリもありませんね。滑り落ちないためのストッパーなどはないので、PCを置く面は必ず水平にする必要があります。そこは要注意。付属のクランプでデスクに固定も出来ますので、スタンディングアームとしての使用方法のみで考えている方のサポートもばっちり。

Engadget▲こんな感じでデスクに固定可能。安定感は言わずもがな。立って作業する際に考えられるストレスを排除しています。在宅でも立ち作業の環境を構築できます。

さらにこのスタンドは床に座っての作業にも適しています。PCを置く面と、床につける面を逆転させても使用できるので、床に置いての使用もちゃんと安定します。

スタンディングアームとしての機能もさすがですが、個人的にはこれが嬉しかったですね。現在、絶賛リモートワーク中な筆者。デスクに座りっぱなしなことが多く辛いなと思っていたのですがこのスタンドを移動させれば床に座ったラクな姿勢で作業が出来ます。

高さもバッチリですので、たまの息抜きで本製品を利用して作業することもありました。なかなか快適な使い心地です。家にデスク環境がない、なんて方にもぴったりな使い道ではないでしょうか。

Engadget▲筆者はローテーブルを間に設置したりもしました。これでマウスやキーボードも使えますし、ちょっとした飲み物なんかも置けるので便利ですね。この距離でも意外と画面はしっかり見えます。


Engadget

以上、立っても座っても使い心地の良い製品でした。

今後もリモートワークの機会は増えるかもしれませんし、一台持っておくと作業環境を自由にカスタマイズできることでしょう。「デスクは導入したくないけどPCを乗せられるものがほしい」なんて条件にもぴったりでしょう。

現在、この『MAXSTAND』は15%オフの早割価格1万4500円でクラウドファンディングプロジェクトを展開中です。30%オフの2個セット2万3000円も用意されています。在宅勤務向けにPCスタンドの購入を考えていた人、そうでなくとも気になる方は是非チェックしてみてください。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: accessory, greengadget, pc, pcstand
0シェア
FacebookTwitter