Windows 10、WSL 2でLinux GUIアプリとGPUコンピューティングをサポートへ

Xサーバー不要

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年05月20日, 午前 06:00 in Software
0シェア
FacebookTwitter
Microsoft

マイクロソフトが、開発者向けのデジタルMicrosoft Build 2020イベントにて、Windows10上で動作するLinuxサブシステムWindows Subsystem for Linux (WSL)バージョン2で、完全なLinuxカーネルを提供するとともに、Linux GUIのサポートを追加すると発表しました。これはX Window System(X11)に頼らずともLinuxのGUIアプリを実行可能にする機能で、主に開発者がWindowsアプリと並行してLinuxの統合開発環境(IDE)を利用することを想定しているとのこと。

これまでにも、WSL上でX Serverを用いてLinux GUIを動かすことは可能でしたが、描画パフォーマンスの低さがユーザーには不満なところでした。WSL 2ではX WindowシステムなしにLinux GUIアプリを実行可能になるため、X11導入の手間が省けるほか、デスクトップ上のLinux GUIアプリをWindowsアプリとシームレスに実行可能にするとのことです。

他にも、WSL 2ではGPUコンピューティングをサポートするようになり、NVIDIA CUDA、DirectMLによってたとえば並列計算や機械学習による人工知能モデルのトレーニングを含む開発の場面でのパフォーマンスを大きく向上します。

WSL 2は今月提供予定のWindows 10 May 2020 Updateに含まれて提供が開始される予定ですが、その時点ではGPUコンピューティングサポートやLinux GUIサポートは含まれません。マイクロソフトは、GPUコンピューティングを今後数か月のうちにWindows 10 Insider ProgramのFast Ringへ提供、Linux GUIアプリのサポート時期については今年後半に詳細情報とともに明らかにするとしています。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: build, gear, Linux, Microsoft, news, Software, Windows
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents