Facebook2020年5月14日に正式リリースとなり、日本でも利用可能になったFacebookのグループビデオ通話機能「Messenger Rooms」。Zoom対抗とも目されるこの機能は、リリース時にInstagramからも使えるようになると予告されていましたが、この連携がついに利用可能になりました。日本でも一部ユーザーから使用可能となっています。

Instagramのグループビデオ通話としては、すでに「ビデオチャット」機能がありますが、こちらは最大6人まで。Messenger Roomsは最大50人まで参加できるので、大人数でにぎやかに楽しみたいときはこちらを利用するなど、使い分けができるようになるのは嬉しい点です。


実際にInstagramからMessenger Roomsを使うには、ホーム画面右上にある「Direct」から「ビデオカメラ」のボタンを押し、さらに「ルームを作成」することで「Messengerルーム」を作ることができます。作成したら招待したい友達を選んで、招待を送信すればOKです。

起動する際の注意点としては、あらかじめInstagramとFacebookを連携させておく必要があるということ。

さらにInstagramアプリから使う際、端末にFacebookと(Facebook)Messengerアプリがインストールされていない場合は、若干操作が面倒になります。使用自体はWebブラウザ上ででMessengerが立ち上がるので問題ありませんが、未ログイン状態だとここでさらにログインが求められてしまうため。

Instagramアプリからスムーズに起動したいのなら、あらかじめFacebookとMessengerアプリもインストールしておくと良さそうです。