片手で簡単に操作できる小型ポータブルプリンター「EVEBOT プリントペン」

紙だけでなく機や布、皮膚にもプリント可能

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年05月23日, 午前 08:30 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
EVEBOT一般的なプリンターは紙にしか印刷することができず、金属や木、ガラスの製品にデザインを印刷するのは専用の機器が必要です。しかし、専用の機器は高額なものが多く、手軽に使えません。そこでオススメなのが、GREEN FUNDINGで支援を募集している小型ポータブルプリンター「EVEBOT プリントペン」です。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する



EVEBOTは、紙だけでなく、木材、織物、金属、プラスチック、皮革など通常のプリンターではプリントできない素材にプリント可能。印刷の難しい凹凸がある荒い表面や、テクスチャのある表面など、素材だけでなくあらゆる面にプリントできるのも本製品の大きな特徴です。

EVEBOT

印刷には自社開発のインクカートリッジを使用。黒、赤、青の3色に加え、小型プリンターでの使用は初となる「ステルスインク」を採用しました。



このインクは普段は肉眼で見えませんが、ブラックライトで照らすと印字が青白く発光します。ちょっとしたサプライズなどに最適です。インクは水で洗うと落ちますが、そのまま乾かせば紙、木材などの場合は半永久、肌に印刷した場合は1日インクが保持されます。

EVEBOT

サイズは174mm×53mm×30mm、重量は255gとコンパクトかつ軽量で、持ち運びしやすいのも魅力。それでいて26mmの超大型プリントヘッドを搭載しており、幅が広いテキストやアートワークも素早く簡単に印刷できます。



専用アプリをインストールして本体と接続。その後アプリに印刷したいデザインをアップロードすれば、印刷可能になります。初心者でも使いやすいシンプルな操作方法も本製品のポイント。デザインはオリジナルのもの以外にもプリインストールされているものもあり、既存のデザインを組み合わせて自分だけのオリジナルを作ることもできます。

大掛かりな専用機器を用意せずに、好きなデザインを好きな場所に印刷できる「EVEBOT プリントペン」。ビジネスやプライベートなどあらゆるシーンで活躍できる一品です。本体価格は2万6590円ですが、GREEN FUNDINGでは2万280円の特別価格で購入可能。支援受付は2020年6月30日23時59分まで。特別価格は個数限定なので、興味のある方は今のうちにチェックしてみてはいかがでしょうか。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: EVEBOT, GREEN FUNDING, greengadget, portableprinter, printer
0シェア
FacebookTwitter