Fortnite

このところタイアップイベントづいているバトルロイヤルゲーム『Fortnite(フォートナイト)』が、こんどは映画の予告編公開の場として活用されています。

ゲーム内"PartyRoyale"モードで予告された新作映画『TENET テネット』は、『ダークナイト』3部作などで知られるクリストファー・ノーランが監督したスパイものでありつつ「時間を逆転させる」というキーワードが重要な意味を持ちそうなSF要素の強い作品。ただ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって世界中で映画館が閉鎖される事態となっていることもあり、Fortniteでの予告編公開はノーラン監督が自ら提案したとのことです。『TENET テネット』は映画『ブラック・クランズマン』で白人至上主義団体KKKに潜入捜査を仕掛ける黒人警官を演じたジョン・デイヴィッド・ワシントンを主役に据え、ノーラン監督の『インセプション』にも似た、あり得ない現象をリアルかつスリリングに描く一風変わったSF作品。

Fortniteの"Party Royale"で公開された予告編はゲーム内に設置されたスクリーンに映像を映し出すシンプルな構成で開始され、冒頭に中継でジョン・デイヴィッド・ワシントンが登場、作品についていくつかコメントしたのち、2分ほどの予告編映像を流し、再びワシントンがコメントして終了と言った流れ。劇場やIMAXシアターの大画面ほどの迫力はないものの、ゲーム内での劇場公開映画の予告は宣伝方法としては斬新なものと言えるでしょう。





予告編映像はYouTubeにアップロードされているものとさして変わりはありませんでした。しかし、イベントでインタビュアーとして登場したゲームジャーナリストのジェフ・キーリーは、Fortniteとノーラン監督のコラボがこれで終わりでなく、夏にはノーラン監督の「象徴的な作品のひとつ」をFortnite内で無料上映することを明らかにしました。一部ファンの間では「インセプションだ、いやダークナイトだ」と、予想合戦が始まっています。