レノボが『テレワーク環境ガイド』を無償公開

効率よくテレワークを実施するための環境構築法など紹介。企業のIT担当者は助かるかも

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年05月26日, 午後 06:30 in internet
0シェア
FacebookTwitter
lenovo2020年5月26日、レノボ・ジャパン合同会社は、テレワークを効率よく行うための環境をまとめた『テレワーク環境ガイド』を作成し、同日より無償公開を開始しました。

新型コロナウイルスの影響で、現在多くの企業がテレワークを実施しています。しかし、初めてテレワークを行う企業は、どのようにすれば効率よくテレワークが行える環境が整えられるのかのノウハウがありません。そこで同社では、4年半に渡りテレワークを導入してきた実績と、積み重ねてきたノウハウを基に『テレワーク環境ガイド』を作成したとのこと。

『テレワーク環境ガイド』は、「部屋」「通信環境」「ノートパソコン」「通話環境」「ディスプレイ」の5つの項目に分け、テレワークに適した環境や機材、製品情報をまとめています。例えば「通信環境」の項目では、「1対1の通話」や「グループでの会議」などのシナリオごとに推奨帯域幅をまとめています。こうした推奨項目を参考にすれば、テレワーク環境を整える際に的確な指示を出すことが可能です。

他にも、同社ではテレワーク制度を導入するに当たり、どのようなセキュリティ対策を施せばいいのか、適切な勤怠管理方法といった、テレワーク普及のためのステップを示した『はじめようテレワークスタートガイド』も公開。『テレワーク環境ガイド』と合わせて参考すると役立つでしょう。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: business, COVID-19, environment, internet, lenovo, telework
0シェア
FacebookTwitter