Engadget

アップルがmacOS 10.15.5をリリースしました。このバージョンでは、ノート型Macのバッテリー劣化を軽減してバッテリーの寿命を延ばす機能が搭載されました。バッテリーヘルス管理機能は、バッテリー使用時に発生する内部の化学的な劣化の進行を軽減することで、バッテリーの寿命を延ばします。この機能が有効でもMacBookのバッテリー持続時間が短くなったりはしないとアップルは主張しています。

より具体的には、MacBookを使用中に収集したバッテリーの温度履歴と充電パターンを監視し、これをもとに劣化を進めてしまう最大充電量を下げたり、最適な充電レベルまで必要に応じて充電を確実の実施したりといった、日々の細かい充放電を自動的に制御するとのこと。日頃からMacBookのバッテリーに負担をかけないよう気をつけている人がやっている(かもしれない)ことをOSが肩代わりしてくれるので、ユーザーはより作業に集中できることになります。

macOS 10.15.5ではほかに、RAIDを構築したストレージへ一時に大量のデータを転送した際、Finderが応答しなくなるという、地味ながらイライラさせられる不具合も解決しました。

その他、FaceTimeビデオ通話の際に表示されるビデオタイルのサイズが変更されないようにするオプションの追加やPro Display XDRの組み込みキャリブレーションを微調整するための機能などが追加、リマインダーやログインパスワード入力時のバグ修正などが含まれます。