SpaceX、Crew Dragon初の有人打上げは天候不順で延期。次回予定は日本時間31日早朝

安全第一

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年05月28日, 午前 06:15 in commercialcrew
0シェア
FacebookTwitter
SpaceX / YouTube

NASAとSpaceXは、フロリダ州ケネディ宇宙センターの39A発射施設から打ち上げる予定だったCrew Dragon宇宙船の初の有人打上げミッションDemo-2を延期しました。

フロリダでは打上げ数時間前から雨に見舞われ、打上げ予定時刻になっても飛行経路における悪天候が解消されませんでした。次回の打上げ予定日時は5月30日午後3時22分。日本時間では31日午前4時22分です。
打上げの2時間ほど前にはSpaceXのイーロン・マスクCEOとNASAのジム・ブライデンスティーン長官が揃い、トム・クルーズがISSで撮影する話題などで談笑する様子が中継されました。さらにDemo-2ミッション成功のあと、Crew Dragon初の商業打上げとなるCrew-1ミッションでISSへ向かう予定の野口聡一飛行士もビデオ通話でインタビューを受けていました。

SpaceX / YouTube

しかし、終始打上げ施設周辺の天候は雨模様。映像ではときおり、雨粒が激しくロケット先端のカプセルに打ちつける状況が映像でも見て取れる状態でした。早起きして(または徹夜で)打上げを見守っていた人にとっては残念ですが、まずは安全第一、日曜日早朝の打ち上げ成功を祈願して待つことにしましょう。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: commercialcrew, CommercialCrewProgram, CrewDragon, docking, gear, InternationalSpaceStation, ISS, JAXA, NASA, Soichi Noguchi, Space, spaceflight, SpaceX
0シェア
FacebookTwitter