MMCX対応で有線とワイヤレスのどちらも使える新世代イヤホン『TINHIFI T2000』

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
GREEN FUNDING with Engadget Staff
2020年07月14日, 午後 12:48 in CrowdFunding
0シェア
FacebookTwitter
GREENFUNDING

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

✅完全ワイヤレスの自由&MMCX有線の音質

✅自由な発想と設計により妥協のない真のHi-Fiサウンドを実現

✅急速充電、低遅延

✅UV除菌システム搭載ケース


近年、TWSイヤホンの開発が盛んになっていますが技術的要因による音質の妥協など使用時の不満が多いのも実情です。TINHIFI T2000は有線インイヤーモニターとしての使用時にも比類のない音質を提供するTWSイヤホンです。

私たちはオーディオファンのコミュニティーから発せられる多くのアイデアに触発され、自社のTINHIFI Tシリーズラインナップをベースにおよそ12か月間、究極のTrue Wireless(TWS)イヤホンの開発に取り組みました。長い研究開発を経て完成した本製品は、Hi-Fiオーディオファンからランナーまで全てのユーザーに深い没入感を提供します。更に、毎回衛生的にお使い頂けるよう、充電ケース内にUV除菌システムを搭載しております。

TINHIFI T2000は、デュアルダイナミックドライバーとクロスオーバーテクノロジーを利用して、9mmおよび8mmのニチノールダイヤフラムドライバーのパワーとディテールを融合。ニチノールダイアフラムはニッケルとチタンを組み合わせ、クリアで透明感のあるサウンドに必要な超高速のレスポンスを生み出すカスタムイノベーションです。

このテクノロジーは通常のダイナミックドライバーでは不可能な音響性能を提供し、特殊なベリリウムコーティングドライバーよりもさらに速い音の立ち上がりを実現。各ドライバのパフォーマンスを発揮する為に、周波数を分離するパッシブクロスオーバーネットワークが実装されており、シームレスで一貫性のあるリスニングを提供します。

✅脱着可能なケーブルで有線/ワイヤレスどちらでも使用可能
✅8mm ニチノールダイヤフラムダイナミックドライバー(高域)

✅9mm ニチノールダイヤフラムダイナミックドライバー(低域&中域)

✅高速充電サポート

✅600mAhバッテリー

✅人間工学に基づいたデザイン

✅UV除菌充電ケース

TINHIFI T2000はTWSイヤホンの快適性と自由度を追求しながら、まったく新しいレベルの高音質なリスニング体験を提供するために製作されています。ワイヤレスモードと有線モードを切り替えるオプションにより、多くのオーディオ愛好家がお気に入りのプレイヤーで有線接続で音楽を楽しんでいるというニーズにも対応しています。

TWSイヤホンでの連続再生は4時間、600mAh急速充電対応バッテリーケースとの併用で最長16時間の再生が可能で、いつでもワイヤレスリスニングが楽しめます。また、イヤホンにはMMCXコネクタを採用しており、付属のMMCX 4芯OCCケーブル、またはお手持ちのMMCXケーブルをご使用いただくと、バッテリー切れの心配もなく音楽を楽しむことが出来ます。

いつでも、どこでも、あなたが望む方法で音楽をお楽しみください。チョイスはあなた次第です。

TINHIFI T2000は、優れたサウンドクオリティにフォーカスして製作されています。Tシリーズラインナップは、T1、T2、T2 Pro、T3、T4、P1とあり、世界中のオーディオ愛好家の方々から賞賛の声をいただいています。TINHIFI T2000は、これらのラインナップの後継モデルで、画期的な素材であるニチノールダイヤフラムで構成されるデュアルダイナミックドライバーを搭載。

ニッケル/チタンのドライバーは、金属の滑らかで優れた音響特性を有しており、他のドライバーとは異なるサウンドを提供。コストはかかりますが、理想とする音響特性を実現する為に2つのドライバーを採用しました。9mmドライバーは深みのあるパワフルなベースとスムーズな中音でボーカルのテクスチャーを強調。8mmドライバーは透明感があり透き通った高音を奏で、音楽のあらゆるディテールを惹きたてます。

他のTWSイヤフォンとは異なり、2つのドライバーから生き生きとしたサウンドイメージを作成するアコースティックチャンバーを特別に設計しました。

Tシリーズのインイヤーモニターは、独自の高水準の製造基準を備えています。私たちのチームは、TINHIFI T2000がどのような気象条件下でも長持ちするように、最高のビルド品質を保証するために精力的に取り組んできました。

ドライバーもさることながら。優れたハイファイオーディオには、スピーカーに電力を供給するためのデジタルアナログチップが必要です。CSR DACチップセットをTINHIFI T2000に実装し、臨場感のあるクリアなサウンドを提供。RTL8763BFP Bluetooth 5.0チップセットは、遅延のないシームレスなリスニング体験を実現します。

急速充電とビルトインUV除菌システムを搭載した充電ケースは、付属のMMCXケーブルを収納可能。ケースはポケットに簡単に収まり、携帯性に優れています。

イヤホンは落下や不快感を防ぐため、すべての曲線が耳の輪郭にフィットするように耳の型から形状を取り、設計されています。歩き回ったり、走ったり、踊っても快適に耳に留まり、落下の心配は不要で一日中音楽を楽しめます。

強力な600mAhバッテリーを搭載。1回の充電で連続再生4時間をサポートします。高速充電をサポートしており、20分の充電で、3〜4時間の音楽再生をサポート。少ない充電回数で音楽を存分に楽しめます。

私たちの周りには病気の原因となるウイルスやバクテリアでいっぱいで、耳に入れるイヤホンも例外ではありません。イヤホンと耳の感染症、およびアレルギー反応の関連性を示す多数の事例がある為UV除菌システムを搭載しました。充電ケースは6つの0.5Wライトを使用してケース内全体に365 nmの紫外線を照射。イヤホンを充電するたびに清潔で無菌に近い状態になるので、安心して音楽をお楽しみいただけます。

1回押すとクイック除菌

2回押すと中強度の除菌

3回押すとディープ除菌

TINHIFI T2000

A社

L社

P社

ビルトイン紫外線除菌システム

0.5W紫外線ライト x6/ 365nm

X

UV クリーニング

UVクリーニングサイクル

バッテリー

600mAh +高速チャージ

398mAh

410mAh

450mAh

再生時間

4時間

(TWSモード時)

5 時間

6 時間

6 時間

コーデック

AAC

AAC

AAC

SBC

ドライバー

デュアルニチノールダイヤフラムダイナミックドライバー

ダイナミックドライバー

ダイナミックドライバー

アコースティックドライバー

Bluetooth バージョン

5.0

5.0

5.0

5.0

【お届け内容】

・TINHIFI T2000本体

・専用充電ケース

・MMCXケーブル(1.2m)

・イヤーピース(シリコン製)シングル・ダブルフランジ 各S/M/L

・USB-Cケーブル(0.3m)

  • モデル:TIN HiFi T2000
  • 伝送距離:12 m
  • 応答周波数: 5Hz~18kHz
  • 感度:低中周波数低中周波数103±2dB、中高周波数96±2dB
  • ドライバー:8mm&9mmニチノールダイヤフラムダイナミックドライバー(2系統)
  • インピーダンス:16+21Ω
  • 出力電力: 22mW
  • イヤホンバッテリー: 40mAh, 3.7V
  • 充電ケースバッテリー: 600mAh, 3.7V
  • 紫外線出力:0.5W x 6
  • Bluetooth チップ:RTL8763BFP
  • Bluetoothバージョン: Bluetooth 5.0
  • 再生時間:16時間
  • スタンバイ時間:約120時間
  • 充電:5V DC Type-C、 2.8V~4.2V

キャンペーンの実施に先立って、イヤホンヘッドホンの専門店『e☆イヤホン』PRスタッフ「はまちゃん」がサンプルをレビューしてくれました!

※有線接続でのレビューになります

動画で観たい方はこちら!

ブログで読みたい方はこちら!

【クラウドファンディング中!】有線(MMCX)と無線を使い分けるTWS!TINHIFI T2000 実機レビュー!

また、キャンペーン期間中はe☆イヤホンの各店(秋葉原店、名古屋大須店、梅田EST店、大阪日本橋本店)にて実機を展示展開しております! 残念ながら技術適合証明の取得申請中のため、ご試聴は有線となりますが実際に皆様の耳で確かめて頂けるチャンスです。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

2019年6月

アイデアが生まれ、プロトタイプ作業開始

コンセプチュアルデザイン、プロトタイピング/テクニカルテスト。 第一世代プロトタイプを完成させリリース。

2019年9月

第2世代プロトタイプを開発

音響テスト、 Bluetooth開発、紫外線除菌ケーステスト/開発

2019年11月

チップセットテスト、ドライブ素材のアップグレード、人間工学デザインの改善

さまざまなチップセットの中から最適なオプションをテスト、 人間工学に基づいた設計を改善して外出先での日常の使用ニーズに合うように設計。 デュアルダイナミックドライバーをニチノールダイヤフラムにアップグレード。

2020年3月

最終サンプルを調整しながら、大量生産の準備を開始

2020年6月

GREEN FUNDING(グリーンファンディング)に登場

ここ数年間の間に世界中でエボラ出血熱、MERS、COVID-19パンデミックの発生があり、これらの疾病は健康がいかに重要かを私達に考えさせました。TINHIFI T2000の最初のアイデアは2019年中ごろに生まれ、独自に健康面をサポートできるように考案されています。

COVID-19のパンデミックは工場・ロジスティックスに影響を与え、あらゆる面でコストの上昇の一因となりました。ですが我々は、このプロダクトで小さな希望と音楽的な喜びを共有したいという思いを強くもっており急騰するコストについても妥協はしておらず、新しいドライバーを採用することで最高の音響性能を提供します。

さらに、全ての人の手に届くよう、価格を可能な限り低く設定させていただきました。本製品が皆様を安全性、健康面でサポート出来れば幸いです。過去に手掛けた製品であるT2、T2 Pro、T3、P1は価格以上の価値があるとオーディオファンから多くの賞賛をいただいています。大量生産の為の準備も進んでおり、可能な限りできるだけ早くTINHIFI T2000をお届けいたします。

Q. TINHIFI T2000はAndroid/iPhoneで使用できますか?

A.はい。TINHIFI T2000は、あらゆる種類のBluetoothデバイスと互換性がありiPhoneやその他のスマートフォンとのペアリングも簡単です。他のBluetoothヘッドフォン同様、Bluetooth経由で接続するだけで使用できます。

Q.小売価格はいくらですか?/ super early bird 価格での入手方法は?

A. TINHIFI T2000の小売価格は日本では12,800円(税込)です。 先着順で限定のSuper Early Birdパッケージを提供します。 サイドバーからご希望の特典を選択してお買い求めください。

【メーカー TIN HiFiについて】

TIN HiFiは長年、グローバルなHiFi音響機器OEM/ODM業界に関わってきました。そして2017年、『TIN HiFi』を念願の自社ブランドとして立ち上げました。

私たちのビジョンは、全てのユーザーが手に取りやすい価格帯でより良いHi-Fi音響体験を楽しんで頂ける環境を提供することです。熟練した職人の確かな技術による、思わず息を呑むサウンドクオリティ。そのような環境が最早一部の人々のための贅沢ではなく、日常的な体験となることを目指しています。

遥か昔、中国においては3種の音を定義する3つのトーンシステムを形成していました。

1つは天来(天からの音)、または古筝(中国のツイター属の古楽器)

2つめは地籟(自然の音)、または地球の音(鳥の鳴き声、川のせせらぎ、大海の波の音など)

3つめは崑曲(人間の声)

真に画期的なオーディオクオリティを実現するために、私たちTIN HiFiはこれら3つの基本となるサウンドをいかに正確に再現するかという課題に常に挑んでいます。

【起案者㈱TMネットワークについて】

株式会社TMネットワークは、「卸でデザインする会社」です。イヤホン・ヘッドホンを中心としたエンターテイメントを楽しむ商品の卸売事業をはじめ、ポタフェスやe☆イヤ本の発行などのイベント企画・運営、メディア・PR事業や、コラボレーション商品開発などを行っています。今回はRAKUNEW事業部がTINHIFIを擁するLINSOUL社の代理店として、日本におけるプロジェクトの進行と支援者様のサポートを行って参ります。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: CrowdFunding, greengadget
0シェア
FacebookTwitter