シチズンの「アテッサ アクトライン(ATTESA ACT Line)」ならビジネスでもプライベートでも映える!ガジェット好きを唸らせるテクノロジーも満載

躍動感のあるアクティブなデザイン、カジュアルすぎないエレガントさ

PR
PR
2019年12月4日, 午前 11:30 in citizen
0シェア
attesaactline【記事の最後にATTESAを360°チェックできる3Dモデルを掲載中】

100年以上の歴史を持つ国産時計メーカー シチズン。そのシチズンが世に送り出す腕時計ブランドのアテッサ(ATTESA)は、ケース・バンドの素材にチタニウムを採用し、電波時計やエコ・ドライブなどといった先進機能を搭載し、スポーティーかつエレガントなデザインが特徴のブランドだ。

そのアテッサから新たに登場した「アテッサ アクトライン(ATTESA ACT Line)」は、昨今の働き方の変化に合わせ、ビジネスによりすぎず、それでいてカジュアルになりすぎない丁度いいデザインを採用したシリーズ。ガジェット好きも納得のテクノロジーが詰まった腕時計に仕上げられている。

6つのデザインから選べるアクトライン

アクトラインは、ムーブメントにCal.F150を採用した「エコ・ドライブGPS衛星電波時計」と、ムーブメントにCal.H800を採用した「エコ・ドライブ電波時計(ワールドタイム機能)」の2つがラインアップ。それぞれカラーリングや表面処理の違いで3モデルずつ用意されているので、合計6モデルのバリエーションとなる。

エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F150
attesaactline
▲左から順に「CC3085-51E」(18万円+税)、「CC3085-51A」(16万5000円+税)、「CC3081-52E」(15万円+税)

エコ・ドライブ電波時計(ワールドタイム機能) H800
attesaactline
▲左から順に「AT8185-62E」(13万円+税)、「AT8181-63L」(10万円+税)、「AT8181-63E」(10万円+税)

どちらのモデルのデザインも、メリハリのあるインデックスと削ぎ落とされたケースライン。ベゼル部分にはワールドタイムの都市名が表記され、差し色のオレンジで「力強く軽快」さを表現するデザインコンセプトは共通だ。「エコ・ドライブGPS衛星電波時計」は、文字板の12時から6時の位置が一段高くなっており、立体的な構造となっている。もう一方の「エコ・ドライブ電波時計(ワールドタイム機能)」は、サブダイヤルを3つ搭載しており、機能性の高さを感じさせるデザインだ。

attesaactline
▲ベゼル部分にはワールドタイムの都市名が刻印されている

attesaactline
▲立体的なデザインに、オレンジのアクセントがよく映える

テクノロジーをぎゅっと凝縮

このアクトラインの開発を担当したシチズン時計 商品開発本部 商品開発部 第一商品企画課の杵鞭朋敬(きねむち ともひろ氏は、「現代の人は、働き方が大きく変わってきています。たとえば通勤では、電車もあれば自動車や自転車で向かう人もいます。服装もいわゆるきっちりとしたスーツのビジネスマンスタイルではなく、カジュアルな服装も増えてきています。今までのアテッサは、ビジネスウオッチとして幅広い方に使っていただきやすいデザインでしたが、スーツ以外の服装にもあうような、もうちょっとエッジが立っているデザインを目指した」と話す。

attesaactline
▲シチズン時計 商品開発本部 商品開発部 第一商品企画課 杵鞭朋敬氏

とはいえ、単に見た目だけの理由でデザインされているのではない。「たとえばインデックスですが、12時や6時は大きくしています。今までですとすべて同じサイズや形状で統一していましたが、サイズを変えることでデザイン上のメリハリがでるだけでなく、視認性も良くなっている」と杵鞭氏。

また、オレンジの差し色にも意味があり、「実は素材に使っているチタニウムを加工する際に、熱間鍛造の工程でオレンジ色になるんです。そこでCC3085-51A以外は、秒針に熱間鍛造をイメージした色としてオレンジの差し色を使いました」と杵鞭氏は説明する。

attesaactline
▲チタニウムを加工するときにオレンジに発光する

F150は「エコ・ドライブGPS衛星電波時計」なので、GPS衛星電波により最短3秒と世界最速レベルで正確な時刻を表示。また、飛行機などでの移動後にもボタン一つで現地時刻情報を受信してくれる。
※2015年、シチズンは光発電GPS衛星電波時計として世界で初めて最短3秒を実現。

杵鞭氏によると、「時針と分針それぞれに専用のモーターが使われており、それらによって最速レベルの時刻表示を実現しています」とのこと。どういうことかというと、「ひとつのモーターで動作させる場合は、時針が正しい時刻を指すまで分針がぐるぐる回って調整します。しかしエコ・ドライブGPS衛星電波時計では、2つのモーターが時針と分針のそれぞれを正しい時刻表示まで素早く動かす仕組み。そのため従来よりも高速な時刻合わせが行えます」(杵鞭氏)。

attesaactline

F150、H800の両モデル共に、アテッサで定評のある「ダイレクトフライト機能」を搭載。りゅうずの簡単な操作で世界の都市の時刻表示とカレンダーの切り替えが行える。インデックスに都市名が記載されているのはデザインだけでなく、針表示式という理由もあるのだ。

いずれのモデルもケースやバンドの素材にはスーパーチタニウム™を採用。そのため手に持ってみると見た目の印象より驚くほど軽い。

attesaactline
▲腕に装着していても重さをあまり感じない

スーパーチタニウム™は、シチズン独自の表面硬化技術デュラテクトをチタニウムに施し、ステンレスの5倍以上の硬さを実現した素材。キズに強いだけでなく軽いうえ、金属アレルギーを引き起こしにくいため、長時間腕につけていても安心だ。

attesaactline
▲擦りキズテストの結果を見れば表面硬度の差は一目瞭然

杵鞭氏は、「チタニウムはプラチナと同じくらい錆びにくく、海に浸けていても大丈夫なほど。実は人間の汗には塩分が含まれていて、成分が海と似ているんです。それくらい耐性があるので、安心して腕につけていられる」とチタニウムの有効性をアピールします。

Black Titanium™ Seriesとなる「CC3085-51E」「AT8185-62E」では、デュラテクトに加えてカーボンの硬質膜「デュラテクトDLC(Diamond Like Carbon)」を施したチタニウム素材のブラックチタン™をケースとして採用。さらなる表面硬度を実現するという。

attesaactline
▲デュラテクトDLCが施されたブラックチタン™はステンレスの5倍以上の表面硬度を実現する

もちろん、シチズン製腕時計の象徴とも言えるエコ・ドライブを搭載。どちらのモデルも文字板の下に光発電用のパネルが配置されているが、最近のパネルは目を凝らしてもそれとはわかりにくく、デザインを損なわない。しかも発電効率が高いため、屋外の太陽光だけでなく、室内灯でも十分発電可能。杵鞭氏は「今回のエコ・ドライブGPS衛星電波時計では、満充電されていれば暗所に置いてあっても最長7年動作し続ける」と話す。つまり、電池交換などの煩わしさはないに等しいというわけだ。

attesaactline
▲省電力技術により満充電から7年も使用できるというのは驚きだ

そのほか、時計メーカーとしてのこだわりポイントとして、より正確な時刻表示を維持するための機能「パーフェックス」の搭載が挙げられる。「パーフェックス」は、「JIS 1種耐磁」と「衝撃検知機能」、「針自動補正機能」の3つが一体となった機能だ。実は意外と知られていないことだが、腕時計は磁力に弱く、強い磁力をうけると針ずれをおこして正確な時刻を表示しなくなるケースもある。

attesaactline
▲「JIS 1種耐磁」「衝撃検知機能」「針自動補正機能」の3機能が1つになった「パーフェックス」

「いったん磁力を帯びてしまうとオーバーホールしなければ簡単には磁力が抜けない。そのためにはそもそも耐磁性を持たせて磁力の影響を防ぐことが大事」と杵鞭氏。ちなみに「衝撃検知機能」は、外部からの衝撃をすばやく検知し、ICによって針を制御し、針ズレを瞬時に防止してくれるというもの。腕時計が衝撃を受けるとモーターに電気信号が流れ、ローターを一瞬でロックし、再び針を動かしてくれる。

attesaactline
▲衝撃検知機能は、これだけの処理をわずか約1000分の1秒で行う

正確な時刻を刻み続ける、それこそが技術の結晶

attesaactline
▲時計としての基本性能の高さは、技術力の高さの証しと言えよう

"正確な時刻を表示し続ける"のは時計としての基本ではあるが、実は非常に難しく高度な技術が必要。その基本をしっかりと実現できているのは、100年以上に渡り時計を作り続け、技術屋が集まったシチズンならではといったところ。

時計としての本質を捉え、そのうえで最新のトレンドにあったエッジの尖ったデザインや機能を備える、それがアクトラインというわけだ。

エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F150
attesaactline
エコ・ドライブ電波時計(ワールドタイム機能) H800
attesaactline
【3Dモデル】エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F150 CC3085-51E
操作方法:指やマウスで3Dモデルを触ると、360度回転、拡大・縮小します。いろいろな角度から製品を体験してみましょう。



 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: attesa, citizen, ecodrive, gadgetry, Gadgets, pr, watch
0シェア